編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.148 由紀さおり「月を空にとめて」

発売中の書籍「音楽と契約した男 瀬尾一三」の中で「レジェンド・スペシャル対談」は目玉企画です。

実は、今回書籍を作るにあたって、瀬尾さんは「この4人との対談が実現するならば」という条件を出したのだそうです。その裏では、どうせ誰かはNGを出すだろうから、話は流れるだろうと目論んでいたそうなのですが…意外にも4人とも対談OKと返ってきて、こうして本が完成に至っています。
あわや書籍化の話が企画倒れになっていたかもしれないなんて…!
知られざる誕生秘話をお聞きしてしまいました。

音楽プロデュースや編曲に関わる者同士は、交流があったとしても、仕事の話を深く突っ込んでする機会はほぼないのだそうです。
お互いの楽曲の作り方を知らないし、どうやって作っているかを人に尋ねることもない。
だから、他の人のやり方を知る機会があると「そういう手もあったのね」と驚かされることもあるのだそうです。

こういう対談の形式を取ったからこそ、初めて向き合って仕事の話ができた、なんて意外でしたが…。
だとすればこの書籍を作ったことで得るものがたくさんあったのは、対談相手の方々、そして誰よりも瀬尾さん自身なのかもしれません。