編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、
ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、
時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.149 徳永英明「陽炎」

瀬尾さんは音楽理論を学んでこの仕事についたわけではありません。

そんなこともあって、理論やセオリーを踏まえない表現をすることもあるそうです。
いわゆる「禁じ手」というやつです。
ちゃんと基礎を学んだ知識のある人からすると、「えっ!そんなことしちゃうの?邪道でしょ?」なんて思われるかもしれませんが、それも表現手法のひとつ。

これは中島みゆきさんや松任谷由実さんといったアーティストについても同じ。
人の顔色を伺いながら創作をするのではなく、「私はこうしたい」という強い意思があれば、誰にどう突っ込まれてもどこ吹く風です。

理論の上に成り立つ表現だけが音楽として成立するというわけでありません。
誰も思いつかない、やりもしないような表現の中にこそ、大きな魅力が潜んでいたりするものなのです。

 

そして、瀬尾さんは数々のアーティストと長年タッグを組んで仕事を続けていますが、それには「相性」が重要だと言います。

長いレコーディングの間、アーティストとはいろんなことを話します。音楽の話。昔の話。たわいのない話。相性が良い相手とのその積み重ねがあるからこそ、楽曲制作にあたっては、大した会話を交わさなくてもお互いの考えがわかるようになるのです。

もっといえば、いちいち「これはどういう意味ですか?」「どっちの表現がいいですか?」というやりとりが発生すること自体がナンセンス。
瀬尾さんは請負業者ではなく、アーティストと対等に、相互の信頼関係の元で一緒に楽曲を作り上げるクリエイターなのです。

そういった関係性が築けない人とは仕事をしない。
多くのヒトの心に残る楽曲を生み出す秘訣はこんなところにもあるようです。