編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、
ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、
時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.150 グループ愚「あかりが消えたら」

今週も書籍「音楽と契約した男 瀬尾一三」から、「レジェンド・スペシャル対談」のお相手、作・編曲家の萩田光雄さんとのお話です。

萩田光雄さんは、キラキラした感じのアレンジが特徴で、お2人の生み出す作品の違いや、イントロを作る大変さが話題になりました。

歌のメロディは作曲者が作りますが、それにイントロを加えるのは編曲家の仕事。
単にサビのメロディを使い回すだけではなく、曲の印象を決めたり、本編をより輝かせるために新たなメロディを作ったりするのが腕の見せ所なのだそうです。
また、アイドルソングを作る際は、振り付けしやすいことが求められたり、ファンの手拍子や合いの手が入ることも重視され、音楽番組で歌うのに適した尺に収められることも必須条件なのだそうです。
他にも街で耳にして「何?」と気を引くようなメロディを求められたり、テレビドラマの主題歌は出だしのインパクトが重要視されていたりと、イントロを作る難しさはお2人とも同じように感じてきたようです。

そんな中で、瀬尾さん以上に数多くのアイドルソングを手がけてきた萩田さん。手を替え品を替え、印象的なイントロを生み出してきた、その仕事ぶりに瀬尾さんは敵わないと思っています。


音楽がファストフード化した今、インパクトのあるアレンジでなければそもそも注目もされません。
後奏を飛ばして次の曲が再生されてしまうことだって多々あるそうで…結論を急ぎ、余韻を楽しむ余裕がないのは、とても残念なことに思えます。
それでも、瀬尾さんや萩田さんは、人々の心に届く作品をと、丁寧に楽曲を生み出し続けます。


井川さんはそんな瀬尾さんのことを「利他的」だと言います。
しかも、それは「主観的なのに利他的」なのだそうです。
主観的で自己中な人は多いけど、「俺が」と主張するけれど「みんなのために」をやってる人は珍しい。
でもだからこそ、アーティストから信頼され、慕われ、その期待に応えようと瀬尾さんは全力で音楽と向き合えるという、好循環が生まれているのかもしれません。