編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.151 中島みゆき「瞬きもせず」

瀬尾さんの仕事場には、過去のデモテープや譜面など、たくさんの資料が残っています。
でも、瀬尾さんはこれらを世に出すつもりは一切ありません。

デモテープとは、シンガーソングライターが自分で作った曲に歌を入れて、瀬尾さんに編曲やアレンジをオーダーするためのもの。表に出すためのものではないのです。
でも、もし瀬尾さんが亡くなった後、誰かがうっかり公表してしまうなんてことがないとは言えない。
だから、今からせっせと処分しているんだとか。
ファンからしたら「お宝が〜(泣)」という感じでしょうが、瀬尾さんは「完成したものだけが歴史に残るべき」ときっぱり。
「アーティストのことを守らなければいけない。自分にはその責任がある。」
瀬尾さんの強い意志は揺るぎません。

時々、著名な画家の絵を最新技術で解析したら、下に別の絵が描かれていることがわかった、というニュースが出たりしますが、それはアーティストに対する冒涜だと言います。

「鶴の恩返し」のように、創作の途中というのは、決して覗いてはならないものなのです。