今回は、継続について話をしています。

影山くんは、「赤ちゃんみたいに学ぶ」という言いかたをしています。

ブッダは、人間の苦悩のもとである生老病死に対して、
なんらかの解決策をみつけたわけではないんですよと。
ブッタが菩提樹の下で座禅をし行き着いた、
ある悟りの境地とは、
ずっと同じ問いを考え続けること、
なのですよと。

影山くんはそれを「赤ちゃんみたいに学ぶ」という言い方をしたんです。

解決策を見つけるために、ヒトは思案するのではダメなのだと。
答えの出ない問いを、思案し続ける。

学ぶ姿勢そのものが、悟りなんだよと。

なるほどね、とボクは思いました。
なぜか。

マメヒコをやっていて、そこで起きうる課題はちっとも解決しません。
どんだけ考えたって堂々巡りなことばかりです。

(あぁ、一体ボクはなにをやっているんだろう)

真夜中の店内で一人ぽつんと、小銭を数えながら思ったりします。
しっかりしてないと無力と虚脱に、すぐ苛まれてしまいそうになるんですね。

そしてそれは、きっとはっきりとは言いませんけど、
影山くんも同じなんだと思います。
彼の目を見ればわかります。


ボクらはカフェを、
一度もビジネスだと思ってやって来なかったんです。
うそつけ、だったら金取るな、とバカに言われれば、
うるさいあっちいけとムッとしますけど、
金儲けだと思ってやらないように互いに気をつけてきたんです。

ボクにしても影山くんにしても、
お金を稼ぐだけなら、もっとほかの仕事を探したほうがいい。

甘っちょろい中年の良心です。
ただ、ボクらはその良心を捨ててまで金儲けするような、
みっともないことだけはすまい、と約束したのです。

良心なんて言い方をしたけど、そんな難しいことではない。
ボクらの子供時代、普通にあった、アバウトな人間どうしの繋がりや営み、
それをカフェを通して、いまも再現したいだけなんです。

おかげさまでした。
事業効率なんて尺度で測ったら、
さっさと退場したほうがいいボクらも、
なんとか理解者たちに応援してもらいながら、
理想に近い営みでお店を成り立たせてはいます。

ずっと考えてきてよかったと思っています。

ボクらの話ばかりしましたが、
日夜ヒトのことを優先して考え、今日も仕事に向き合っているヒトたちが大勢、
それも目立たぬところにいるのを、ボクは知っています。

そのヒトたちを傍で見ていて思うんです。

彼らは日常という単調な地平線に、
まこと鮮やかに、山と谷をデザインしているなと。
いつも自分が周りが、飽きない工夫を考え実践している。

ボクは若い頃、誤解してました。
継続とは忍耐であり、忍耐とは鈍感であり、
持っている感受性を捨て去ることなのだと。

そうか継続とは工夫なのだと思ったら、
希望が湧いたのです。


とまぁまぁ、そんなような話をしています。
継続とは、忍耐なのでしょうか?