編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、
ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、
時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.153 ナウ「ヘイ!」

コロナウィルスの流行の影響であらゆる仕事がなくなって、おまけに海外旅行にも行けず、仕方がないので大人しくしている瀬尾さん。
大阪で予定されていた、書籍発売記念のトークショーも中止になり、遠方のファンもがっかり。
でも、こればかりは仕方なく、またいつかお目にかかれる日を待ちましょう。

さて、いざ時間ができた瀬尾さんは、自宅で溜まったDVDを視聴したり、納豆ご飯の魅力に目覚めたりと、それなりに楽しんでいる様子。
納豆にめかぶ、そして生粒胡椒を入れるとおいしいのだそうです。
ちょっと気になる組み合わせ!
しばらくは自宅で過ごす時間が増えるでしょうから、普段は食べないメニューを試すのも1つの楽しみです。

本来なら、満開の桜の中、新たな気持ちで新年度を始める時期ですが、なんだか暗いニュースばかりの今日この頃。
そんなときは、せめて音楽で気持ちを前向きにしてはどうでしょう。

今週の曲は、なんとアンコール!
ナウの「ヘイ!」をオンエアします。
これは瀬尾さんが学生時代に作った楽曲。
軽快なメロディは、一度聞いたら忘れられず、思わず口ずさんでしまうキャッチーさがあります。
井川さんもとても気に入っていて、改めてレコーディングしたいと意気込んでいますが、瀬尾さんは「ほかにやることあるでしょ」と呆れた様子。
でも、なんだかんだで楽しそうなお2人です。