編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、
ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、
時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.154 吉田拓郎「気持ちだよ」

書籍「音楽と契約した男」は、なんと重版!売れてます!
今回はそんな「音楽と契約した男」に掲載の山下達郎さんとの対談の中で、井川さんが気になったことを掘り下げていきます。

楽曲をアレンジする中では、「あえてマイナーコードにしているのに、スタジオミュージシャンが勝手にセブンスにしちゃう」ということがあるのだそうです。
アレンジャーが意図を持ってしたアレンジを「ココはこうでしょ」とありがちなパターンに持っていっちゃう、ということなのですが…
そんなとき、大概のアレンジャーはミュージシャンに従ってしまい、「そうじゃない」「このままでいい」と言えないけど、瀬尾さんははっきり伝えます。
山下さんは、それは誰もができることではないと思っているようです。

瀬尾さんは、ミュージシャンの「かっこいい」を追求することは自分の仕事に関係ないと言います。
アレンジャーやプロデューサーは、ミュージシャンの「かっこいい」を引き出したり、表現することが目的ではない。
瀬尾さんはいわば編集者みたいなもので、あくまでアーティストが作り出した楽曲の持つメッセージや魅力をどう届けるかを考える、そういった役割なのだそうです。
普遍的な魅力を広く伝えていくには、瀬尾さんのような人が必要なのかもしれません。