編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、
ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、
時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.155 中島みゆき「浅い眠り」

今回は書籍「音楽と契約した男」にも掲載されている、中島みゆきさんとのレコーディングについて掘り下げていきました。
中島さんとのレコーディングはジャズセッションのようで、ワンテイクでOKのこともあるのだそうです。
そして、そこから様々な楽器のアレンジを重ねていくのだそうです。
それは、建築と似ているのだとか。
まずは基礎工事、そして内装工事、最後に装飾などの仕上げをして完成。
「ここに棚作ったら便利じゃないですか?」という勝手な造作は、作り手の自己満足に過ぎず、住む人にとっては邪魔なものとなってしまうことだってあるのです。
あくまでも、その家に住む人、つまりは歌い手の目線で心地よい作品にするのが瀬尾さんの役目です。

一方、ドラマの主題歌を作る際、瀬尾さんは視聴者に向き合って曲を作っているのだそうです。
特にイントロは重要。
何曜日の何時からという決まった時間に必ず流れるイントロは、そのドラマの世界観を表現するのにとても重要だからです。
もちろん、ドラマのためだけに作られるわけではないので、楽曲が一人歩きしても魅力的なものであるように作ることは大前提にあります。
それは、住む人だけではなく、そこへ訪れるお客さんさえも居心地がいい家を作るようなことなのかもしれません。