編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、
ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、
時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.158 瀬尾一三「何時かのあの頃へ」

今回もまた、瀬尾さんの若かりし頃の作品をお聞きいただきますが、当時のレコーディングに比べれば今の方が技術も発展しているし、作り方はずいぶん変わってきました。

かつてはバンドが一同に介して「せーの」で録音するしかありませんでした。
何度か録音するごとに、ちょっとずつ音の合い方が違ってきます。
もちろん、あとでピッチを直したりする技術もないので、その時の調子や歌い回しで、ちょっとズレたり、必ずしも正しい音程にならないこともあります。

今は機械でなんでもできてしまうので、ちょっとピッチ(音程)が狂っても、正しく直せます。
曲のテンポだって、レコーディングする際に正確な拍を刻むクリック音を聞けば、別々に録音してあとから音を重ねてもずれることはありません。

でも、ぴったり合うからいい音楽かというと、そういうことでもない。ライブだったらずれても良くて、レコーディングだとダメ、という話ではないのです。

キッチリ合わせた音楽は、どこか無味乾燥になってしまい、無表情なヴォーカロイドのようになってしまうかもしれません。
だから、瀬尾さんは今も、あえてニュアンスを残すために「直さない」ということもあるのだとか。
プロのレコーディングは、カラオケで高得点を出す歌い方を追及するをするのではありません。

しかも、歌い手本人が「ちょっとこれは・・・」というテイクでさえも、瀬尾さんがあえてOKにすることがあるのだそうです。
それは、本人が意図せず、本性や素の自分を見せてしまったとき。
本人は恥ずかしいと思うような部分を見つけると、瀬尾さんは「しめた」とばかりに、その良さを作品に閉じ込め、世に送り出すのです。
「それが、自分の仕事」、そう言う瀬尾さんのニヤっとした顔が浮かぶようなお話でした。