編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、
ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、
時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.159 瀬尾一三「朝の匂い」

GWが終わりましたが、まだまだ自粛ムードの毎日。
特に音楽業界は、イベント屋さんもレコード会社も打撃を受けています。
そんな状況の中、瀬尾さんは「常に同じ状態が続くとは限らない。いつか何か起こると思って生きていないと。」と言います。
そして、何かが起こったときには、まず生き延びること。
これが一番大切だ、と。

音楽をはじめとしたエンタメは衣食住が足りてこそ楽しめるもの。
その道で食べていきたいと思い描いていても、人々が余裕のない時には求められません。
でも、生きていたらまたチャンスが巡ってくるかもしれない。
だからこそ、いざというときはまずなんとか食いつないでいくことです。

「自分には音楽しかない」とこだわりを貫いたり、今の地位や生活水準を維持したいのならば、大きな変化に耐えうるよう、前々から備えておかなければなりません。
いつ、大きな変化が起こらないとも言えないのですから。
なんの備えもしていないまま、社会の仕組みだけを信じ、困ったら誰かに保証してもらうのが当たり前と思うのは、他力本願なのかもしれません。
もともと個人で仕事をしてきた瀬尾さんからすれば、仕事の波はありますし、自分の身は自分で守ることは当然なのです。

コロナの影響はしばらくすれば落ち着くかもしれませんが、いつまた感染症が流行るかも分かりませんし、大きな災害に見舞われる可能性もあります。
そういう予期せぬことはたびたび起こるという想定で、どう生き延びるかは常に考えておきたいものです。