編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、
ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、
時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.160 中島みゆき「時代」

長い歴史の中で見れば、平穏な期間の方が短い。
だから、今のような状況で、たった3ヶ月で自粛疲れするなんてまだまだ、と瀬尾さんは言います。
過去に何年も戦争していたことを考えれば、数ヶ月で日常が戻るというのは早いほうです。
これまでもいろんな病気が蔓延したり、世界恐慌で経済がめちゃめちゃになったこともあるけれど、それでも私たちは乗り越えてきました。
しぶとく、人類は生き残っているのです。
だから今回も心配ないでしょう。
瀬尾さんはそう思っています。

いろんな産業が打撃を受ける中、音楽業界にもコロナの影響で仕事がなくなった人たちがたくさんいます。
その中には「どうしよう」と慌てている人もいるようですが、「なぜ日頃から危機感を持たずに自由業をしているのか」と瀬尾さんは疑問を投げかけます。
例えば、何が起こっても「1年くらいなんとか生きていける」という備えがあれば、「まあ、なんとかなるでしょう」と思える。
自由業に限らず、どんな人であろうと、何が起こっても「まあ、なんとかなるでしょう」と思える生き方をしたいものです。