編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.162 赤い鳥「田舎暮し」

瀬尾さんが東京での活動を始めるきっかけとなったのが村井邦彦さんとの出会いです。
瀬尾さんにとっては大尊敬できる人であり、恩人とも言える存在。
村井さんは「とても強烈」とのことですが、口先だけで大きな夢を語るような人ではなく、ちゃんと実行力を伴う人なんだそうで、さすが日本の音楽業界を牽引してきたキーパーソンです。

村井さん以外にも、瀬尾さんの音楽人生においては数々の出会いがあったことでしょう。
誰にだって、好き・嫌い、得意・苦手といった人との相性はあるはずですが、瀬尾さんも独自の感覚で距離感を測りつつ、人との関係を築いてきました。
そこには、「嫌いな人とはどう頑張っても無理」「一度嫌いになったら一生付き合わない」といった頑固さはないようです。
相手に対し、何かしら察知したら危険区域には立ち入らないということはあっても、年月が経てば互いの考えが変わったり、関係性に変化が生まれ、その距離感が縮まることもあるのだそうです。

多くの出会いを経験する長い人生において、相手の評価を一度のことで決めきってしまうというのはもったいない。
そう思えば、今は互いに苦手意識があっても、時が経てば大の仲良しに、なんてことは誰にだって起こるかもしれません。