編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、
ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、
時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.164 ハイ・ファイ・セット「DESTINY」

今回も、瀬尾さんを気遣うファンの方からのお便りがたくさん届きました。
瀬尾さんも、徐々に日常生活を取り戻しつつあるようですが、健康面は何かと心配。
やはり、仕事なり何かやることがあって忙しく動いている方が、心身の健康にも良さそうです。

街には人が増えつつあり、音楽業界も手探りながら、徐々に動き出しているようです。
ただ、例えばライブイベントについて。
ソーシャルディスタンスに配慮して、収容人数を極端に減らして開催することもできなくはないのでしょうが、しかしそれはライブのあり方としてどうなのでしょうか。
アーティストもお客さんも、本当に満足のいく、音楽を楽しめる空間と時間を生み出せるのか。
そういう意味で、ライブはアーティストだけでなく、お客さんとともに作り上げるものであり、これからのライブのやり方は双方から模索していく必要がありそうです。

だからと言って、ずっと音楽活動をしないというのもどうでしょう。
もしかすると、この状況が新しいやり方を考えるきっかけになるのかもしれません。
なにも全てを今までと同じに戻さなくてもいいのです。
「みんなで考えれば、知恵が集まる。その中に、何かしら方法論が見つかるはず。そうやって人間は進歩し、逆境を乗り越えてきた。」
瀬尾さんは明るく前を見据えて、次のステップに進もうとしています。