編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、
ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、
時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.167 中島みゆき「Maybe」

今回は久々に中島みゆきさんの曲についてのお話。

これまで数多くの楽曲を生み出してきた中島さん。
タイアップ曲やヒット曲なら誰もが知っていますが、ファンにとってはそれぞれに思い入れのある曲があるようです。
というのも、好きな曲に投票してもらったところ、ヒット曲以外は数票を獲得した曲が多数あり、票は見事に分散したのだそうです。
世間でヒットしたかどうかではなく、自分の人生に寄り添ってくれた曲の方に思い入れや愛着が湧いてくるものなのでしょう。
そして、それは人それぞれ違うものなのでしょう。

アーティスト本人においても、ヒット曲に思い入れがあるとは限りませんし、本人が歌いたい曲と、ファンの聴きたい曲が同じとは限りません。
作る側にとっては、どの曲もそれぞれ魂を込めて生み出したもの。自分の子供と同じように、それぞれに愛情を持っているのです。

もちろん、産みの苦しみや葛藤はあるでしょう。
でも、中島さんと瀬尾さんとの間では、そんな姿を見せ合うことはしないのだそうです。
中島さんの、出来上がった曲を初めて聴かせる相手は瀬尾さんであり、その瞬間、自分の手を離れて世に生み落とされるのです。
どの曲も自信と信頼の間で生み出し、育てられた曲だからこそ、多くの人の人生に寄り添うことができるのかもしれません。