編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.168 ハイ・ファイ・セット「雨のステイション」

お気づきの方も多いかと思いますが、この「ラジオ瀬尾さん」、最近は週に2回更新しています。
しばらくはハイペースでお届けしていく予定ですのでお聞き逃しなく!


学生時代の瀬尾さんが上京して本格的に音楽の仕事を始めた頃、なんと両親にはそのことを報告せずにいたのだとか。
夏休みに帰省するときも、大学に通っているかのように振る舞っていたんだそうです。
しかし、仕事をすればそれだけ名前が世に広まっていきます。
手にしたレコードの裏面に自分の息子の名前を見つけるることだってあるでしょうし、その前に御近所さんから「あら、おたくの息子さん、最近テレビで名前を見たわよ」なんて言われる可能性だってあります。
さすがに隠し通すこともできず、何年か後にはこんな仕事をしていると告白するわけですが、親からすると「なんで曲を変える必要があるの?」と、編曲という仕事のイメージが湧かなかった様子です。
たしかに、リスナーは出来上がった曲しか耳にしないわけですから、最初は歌詞とメロディだけだったことの想像もつかないことでしょう。

音楽に限らず、「なんでそんな仕事を?」と親や周りに理解されないことは、今もあちこちにありそうです。
最近はテレワークがさかんになり、オンライン会議の機会が増えた人も多いでしょう。
そうでなくとも、ずっとパソコンの前で仕事をしている人もたくさんいて、親の世代からしたら、「それが仕事なの?」と言いたくなることばかりなのかもしれませんね。