編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、
ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、
時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.171 山本コウタロー「Good Bye Winter」

今回は「かずちゃん」こと杉本和世さんが2度目の登場です。
かずちゃんは中島みゆきさんのコーラスを担当しており、ファンの方にはお馴染みです。
そんなかずちゃんは、この春、ライブツアーの本番の日、その休憩中になんと骨折してしまったそうなのです…!
そのまま最後までコーラスを務めてから救急病院に行ったそうで…
大事なお仕事中ともあって、痛みを感じないほど集中していたのだそうです。
人間、「ここぞ」というときには、自然と普段以上のパワーが出せるものなのでしょう。

会社勤めの人が風邪や骨折でしばらく仕事を休むとなれば、それなりに周りに負担はかけるでしょうが、「じゃあ代わりにその仕事やっておくよ」という人はいると思います。
社員1人がちょっと休んだ程度で傾く会社なら、それはかなり危険です。
でも、コンサートは一発本番、誰も代わりはいません。
中島みゆきさんがステージに立てなければ、そもそも公演は成立しませんし、一緒に曲を届けるミュージシャンやコーラスが欠ければ、満足のいくパフォーマンスにはならないでしょう。
ステージを成功させるプレッシャーもありつつ、その前に万全の体調でステージに立つこと自体、相当なプレッシャーではないでしょうか。

コロナ禍で数々のライブが中止となり、なかなか再開の目処が立ちません。
感染対策として「一緒に歌わないで。盛り上がらないで」と言っても、それでは純粋にライブを楽しむことは難しいように感じてしまいます。
どんな形であれ、アーティストとファンが一体となって楽しめるライブの再開を待ち望みます。