編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、
ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、
時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.173 かまやつひろし「水無し川」

有名な音楽アーティストや人気のバンドも、ライブをインターネットで配信することが珍しくないこの頃。
でも、瀬尾さんは、ライブ配信はその場しのぎな感じがすると、気が進まないようです。
無観客コンサートとか、家の中での弾き語りを配信するとか、それでも好きな音楽が楽しめると喜ぶファンはいるかもしれないけど、そればかりを望んでいるわけではない。
アーティスト本人も、望んで配信という選択をしているわけではない。あくまでも、今だけの場つなぎだと感じてしまうのです。

最近は凝った演出で映像や音があらかじめプログラミングされており、進行のタイミングが機械的に決まっているような作品もあります。
毎回違ったアドリブが登場することも良しとしなかったり、公演時間がきっちり決まっているような場合もあります。
そうなると、何公演でもきっちりと同質のパフォーマンスを再現できることがプロと言われ、とてもシステマチックな表現が求められます。

もちろん、そういった手法が悪いわけではなく、様々な作品の楽しみ方があるものです。
でも、音楽も演劇もライブは一期一会。
ライブならではの緊張感はやりがいとなり、その場にいるお客さんの空気感も作品に大きく影響を与えます。
何が起こるか分からない、どう転ぶか分からないというライブの醍醐味は他に代え難い魅力放ち、今も昔も変わらず人を惹きつけます。