お店を複数持っていると、それぞれ違います。
いろいろな要因がありますが、
立地によるところが大きいかもしれません。

マメヒコはの三軒茶屋店は住宅地にあるし、渋谷は繁華街の真ん中にある。

街に溶け込んで安定してお客さんが来る三茶店と、
目まぐるしく街が変わるせいかお客さんもくるくる変わる渋谷。
渋谷でお店を続けていくことは、立っているだけでも大変な豪雨の中にいる感覚です。

そんな安定した三茶店に向いているスタッフもいるし、
変化に向いているスタッフもいる。

そうやって、お店はそれぞれの個性を持つようになります。
どのお店も判を押したように同じではつまらない。

お店もヒトとおんなじだなと思うのです。