編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、
ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、
時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.177 小堺一機「WITH」

クリエイティブな仕事というのは、答えのない中で完成を目指さなければなりません。
ともすれば、延々と手直しを重ねて、最初に作ろうとしていたものとは全く様変わりしていたり。
優柔不断な人だと、いつまでも「うーん、うーん」と悩んでしまいそうです。

でも、長年、数多くの楽曲を手掛けている瀬尾さんは、どこかで踏ん切りをつけないと前に進めないことを知っています。
たしかに、楽曲に向き合っていればどこか手直ししたくなりしますが、修正を繰り返していては世に出せません。
そして、長く時間をかけて何度も手直しをしたからといって、作品がより良くなるとは限らないのです。

一度、発表した作品には反省点や後悔が残ることもありますが、だからこそ先へ進むことができます。
次はもっと良いものを、という心残りが原動力にもなるのです。
もし、パーフェクトな完成品ができてしまったら、もう次へ進む必要がなくなってしまうでしょう。
常に伸びしろがあからこそ成長し続けられる。
それは音楽に限ったことでなく、どんな世界でも同じことが言えそうです。

<お知らせ>
これまでも番組内でみなさんから頂いたお便りをご紹介してきましたが、改めて曲のリクエストやラジオの感想、日々のエピソード、瀬尾さんに聞きたいことを募集します。ぜひ、お便りをお寄せください。
お便りは
こちらのフォームから送信
・info@mamehico.com宛てにメール
・〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-20-4 カフエマメヒコ ラジオお便り係宛に郵送
にてお待ちしております!!