編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、
ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、
時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.180 山崎ハコ「ララバイ横須賀」

みなさんからのお便りを募集したところ、瀬尾さんへの質問やリクエストなど、続々届きました。ありがとうございます。
引き続き、お便り募集中ですので、皆さんの声をお寄せください。

今回はそんなお便りの中から、中島みゆきさんがライブで歌詞を間違えてしまったエピソードが。
どんなベテランだって、ライブの場となれば想定外のことが起こってもおかしくありません。
でも、中島みゆきさんは間違えてしまったときこそ、驚きのリカバリー力を発揮し、その場を乗り切るのだそうです。

ただ、理想のパフォーマンスを出しきれなかったことについては、本人が一番悔しい思いをしていることでしょう。
だからこそ、それを知っている瀬尾さんは責めるわけでもなく、茶化すわけでもなく、ほどよくフォローするようにしているんだそうです。
そして、何事もなかったかのように、すぐ流して、また次へ。
こういう細かい心配りこそが長年続けていける秘訣だったりするのでしょう。

ミスついて、例えばあとでガミガミ叱ったところで、その後のパフォーマンスが良くなるものではありません。
むしろ、トータルで期待を上回る結果を出せば、ちょっとしたミスなんて気にもならないものなのです。
ライブは生モノで、何が起こるかわからない。
ハプニングも含めて、その場限りの貴重な時間を楽しみたいものです。