編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、
ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、
時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.189 中島みゆき「蒼い時代」

今回ご紹介する曲は中島みゆきさんの「蒼い時代」。
この曲は96年にリリースされた「パラダイスカフェ」というアルバムに収録されています。

実はこのアルバム、全ての曲を日本で日本人ミュージシャンとレコーディングしたあと、アメリカでアメリカ人ミュージシャンと再度全曲レコーディングし、聴き比べて良かった方をアルバムに収録したのだそうです。

その結果、8割はアメリカでレコーディングしたものが採用されています。
それは日本人が演奏する場合は歌詞を聞きすぎてしまうからだと、瀬尾さんは分析しています。
実に些細な違いではありますが、2つのパターンを比べることで明らかになったのです。

では、なぜ、日本人ミュージシャンの演奏が採用された曲もあるのかと言えば、それは逆に、歌詞がわかるからこそ、そこに込められた情感を演奏で引き立たせることがあるから、なんだそう。

歌詞が自然と理解できるからこそ出せる音もあれば、言葉として認識しない方が表現できる音もある。
その違いを巧みに使い分け、1枚のアルバムが完成しているのです。
こんなことを思いついて、実際にやってしまうなんて、瀬尾さん以外の人にはなかなかできないことでしょう。


<お知らせ>
番組内でみなさんから頂いたお便りをご紹介します。
曲のリクエストやラジオの感想、日々のエピソード、瀬尾さんに聞きたいことを募集中です。
ぜひ、お便りをお寄せください。
お便りは
こちらのフォームから送信
・info@mamehico.com宛てにメール
・〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-20-4 カフエマメヒコ ラジオお便り係宛に郵送
にてお待ちしております!!