編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、
ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、
時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.193 中島みゆき「かもめの歌」

前奏を意味する「イントロ」に対し、後奏は「アウトロ」。
アウトロでは、徐々に音量が小さくなるフェードアウトが用いられることも多々あり、ジャーンと終わってすぐ次の曲が始まるのと違い、余韻を感じられるのが特徴です。

イントロが特徴的だったり、アウトロをじっくり聴かせるような曲がありますが、これはあくまでも歌を引き立てる役割のもの。
瀬尾さんは、歌のレコーディングの時点ではイントロやアウトロを作り込まず、最小限の楽器でその曲の骨格を演奏するようにして、そこにアーティストの歌を乗せるやり方をしているそうです。
それから、歌が引き立つようなアレンジを「後から」加えていくのだそうです。

アウトロについて、「歌が終わってしまえば不要なものだけど」と瀬尾さんは言いますが、だからといって聞き手の皆さんはアカペラが聞きたいわけではないでしょう。

イントロからフェードアウトの瞬間まで含めて1曲の作品です。
作り手はその全体を通して描く世界を味わってほしい、という思いで、作品を世に送り出しているのです。


<お知らせ>
番組内でみなさんから頂いたお便りをご紹介します。
曲のリクエストやラジオの感想、日々のエピソード、瀬尾さんに聞きたいことを募集中です。
ぜひ、お便りをお寄せください。
お便りは
こちらのフォームから送信
・info@mamehico.com宛てにメール
・〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-20-4 カフエマメヒコ ラジオお便り係宛に郵送
にてお待ちしております!!