ikawayoshihiro

SEO vol.135 円藤一成「バイクとルージュ」

瀬尾さんがアレンジを手掛ける場合、作曲者からは歌のメロディだけをもらって、あとのアレンジは瀬尾さんにお任せ…となっていないと仕事を引き受けないそうです。このやり方は少し前までは瀬尾さんに限らず、曲作りにおいて主流の方法だ

SEO vol.134 中島みゆき「離郷の歌」

瀬尾さんのやっている編曲のお仕事というのは…曲のアレンジの構想を練るのにじっくりと時間をかけるのだそうです。そして方向性が決まればあとは手を動かし譜面に起こすだけ。そうなれば楽器が目の前になくても、頭の中で各パートの音が

SEO vol.133 渋谷祐子「ムーンライト・ラプソディ」

10月に行われたライブ「MEMORY SONGS 70’s 80’s」に、瀬尾さんはゲスト出演しました。そのライブに足を運んだという皆さんからお便りが続々届きました。 どのお便りにも、ライブが楽しかったこと、瀬尾組のアー

SEO vol.132 森山良子「バス通り裏」

中島みゆきさんの全国ツアーが2020年の年明けから始まりますが、全国を回るのはこれが最後になるそうです。ファンにとっては寂しいことかもしれませんが、アーティスト側の立場に立てば、また別の想いを感じ取ることができます。 瀬

SEO vol.131 原田真二「てぃーんずぶるーす」

人生100年時代と言われ、瀬尾さんのように70代でも現役でバリバリ働く方は珍しくありませんが、中には既得権益にあぐらをかいでいる人も見かけます。そんな人たちは、肩書きだけは立派だけど、何かにチャレンジするような仕事はして

SEO vol.130 中島みゆき「やばい恋」

失恋ソングというと、しんみりした曲調だったり、未練をじっとり歌い上げる演歌のような曲を思い浮かべますが、今週ご紹介する中島みゆきさんの「やばい恋」はその点ちょっと違います。 歌詞の雰囲気に反して、ギターやドラムは力強く、

N-58 自分で作っていますか?

先週に引き続きゲストにイェンス・イェンセンさんをお迎えしています。 イェンスさんが鎌倉に構えるご自宅は4年ほどかけて自らリノベーションしたのだそうです。日本人の住む家のほとんどは、マンションも戸建も、作られたものを買うか

SEO vol.129 島田奈美「ブルードットの恋」

最近の瀬尾さん、ちょっとお酒を飲みすぎちゃうみたいです。どうか、ほどほどに。 さて、今回は松任谷正隆との対談の話や、吉田拓郎さんとのお仕事の話に。長年、音楽業界の第一線で活躍を続けている者同士、積もる話もあるようです。メ

N-57 心地よく暮らしていますか?

今回の「井川さんとなっちゃん」はゲストにイェンス・イェンセンさんをお迎えしました。井川さんのお友達であるイェンスさんはデンマーク出身。鎌倉に暮らしながら、執筆をしたり、デンマーク式の週末型家庭菜園をするコロニヘーヴという

SEO vol.128 立木リサ&今野雄二「気分を出してもう一度」

いつものことながら、瀬尾さんの最新のお仕事が気になって仕方がない井川さん。現在進行形のお仕事の話を聞こうとしますが、情報解禁日を待たなければ公開できないことが多いのです。かといって公開される頃には瀬尾さんの熱が冷めてしま