小説を書く

【#イカハゲ】直し性作家 井川啓央さんを励ます会

コルクの佐渡島さんと角田さんに背中を押してもらって、小説を書いてる。 もともと小説を読んだりするのは好きじゃないし、セリフは書けても、地の文が書ける気がしないと思っていたけれど、ボクが小説を書かないと始まらない会を催して

家を建てるにあたって

いま、月に一度のペースで小説を書いています。 コルクの佐渡島さんが、小説を書いてみたらどうですか、と勧めてくれて、 んー、はい、と、ボクはごにょごにょと言い、 それでも月に一度のイベントとして企画してくれて、それで改めて