コルクラボ ここから何か生まれるかも会議 #1
いつ:
2018.06.07 @ 7:00 PM – 9:00 PM
2018-06-07T19:00:00+09:00
2018-06-07T21:00:00+09:00
どこで:
マメヒコ宇田川町店
コルクラボ ここから何か生まれるかも会議 #1 @ マメヒコ宇田川町店

【カフェマメヒコ井川啓央×コルク佐渡島庸平×プロデューサー角田陽一郎】
「ここから何か生まれるかも」会議 #1 【開場は18:30】

はじめまして。辻貴之と申します。
コルクの佐渡島庸平さんが始めた「コルクラボ」というコミュニティを考えるラボで、去年の1月からその作り方や運営方法などを学んでいます。

そんな中、偶然にも、分かる人(が多いと思うけど)には分かる面白そうなこの3人が、面白そうな「何かを生み出そう!」という機会に、ラボ仲間と出くわしました。

■希代の編集者である佐渡島さんの今の思い
小説を書いて欲しい!と思う人…それが、カフェマメヒコの井川啓央さん。佐渡島さんは、井川さんの劇「ゲーテ先生」を数年前に見て以来、「人生で見た劇の仲で、最も面白かった!」といろんなところで語っています(僕も先日、ゲーテ先生に登場する「エトワール・ヨシノ」のシャンソンショーを見ました。その本気さと温かさに、打たれました)。

■井川さんは…
「あなたの体をつくる」という方針から、10年以上ぶれません。でも、表現方法はカフェ、お芝居、映画など、多彩に広げています。しかも、その全てが、ていねい。そのていねいさにひかれたお客さんが、年間10万人も「カフェマメヒコ」に足を運んでいます。

■この集まりのきっかけ
そんな井川さんの書いた小説を読みたい!と、佐渡島さんが声を掛けたこと、です。

■角田さんと井川さん
2年に亘り、月1ペースでトークショーを行っています。「コーヒー」「砂糖」など、身近なことをテーマに、その歴史から適切な使い方まで、「そもそも」について語りあう仲です。そこで井川さんは、佐渡島さんと打合せを行うことになった際に、この楽しさをきっと共有出来る角田さんにも、声を掛けました。

■ということで、何の会議??
「何か」は、今のところ、佐渡島さんの編集による、井川さんの小説の執筆、となる見込みです。内容は、ゲーテ先生が劇さながらに悩み相談にのる、という体裁の方向です。

■ここで、あなたにご相談
が、執筆する、と言い切れないのは、井川さんがまだ、完全に乗り気でないこと。
というのも井川さんは、ゲーテランドを作りたいというくらい、具体的な世界観を持っています。また、何か表現物を作るのであれば「北の国から」のように、とも考えています。
でも、小説家ではないので、何をどのように書けば良いのか、が見えにくい状況なのです。
そこで、この壮大な思いと、目の細かい丁寧な進め方で、どんなものを作るか…を、みんなで一緒に話しながら考えるための集まりが、この「会議」です。
角田さんも、佐渡島さんも、「こんにちは!」って、マメヒコへ足を運ぶ人。そして、井川さんには、そうした「時間を使う」ことの意味や思いを、共有出来る人。同様に、足を運ぶあなたと一緒に、井川さんに、どんなものをどのように表現してもらいたいかを考えられると、うれしいです。それが共有出来れば、きっと、井川さんの筆も走る、と思います。
この面白そうな機会を、ぜひ、ご一緒に!