今週の放送

井川さんとなっちゃん

N-58 自分で作っていますか?

先週に引き続きゲストにイェンス・イェンセンさんをお迎えしています。 イェンスさんが鎌倉に構えるご自宅は4年ほどかけて自らリノベーションしたのだそうです。日本人の住む家のほとんどは、マンションも戸建も、作られたものを買うか

ラジオ瀬尾さん

SEO vol.135 円藤一成「バイクとルージュ」

瀬尾さんがアレンジを手掛ける場合、作曲者からは歌のメロディだけをもらって、あとのアレンジは瀬尾さんにお任せ…となっていないと仕事を引き受けないそうです。このやり方は少し前までは瀬尾さんに限らず、曲作りにおいて主流の方法だ

井川さんとなっちゃん

PODCASTに登録

毎週木曜日更新。
都内の高校に通う高校三年生のなっちゃんと井川さんとのラジオ。

なっちゃんと、井川さんが、日々のことを話すラジオです。毎回テーマがあるわけではありませんが、このラジオ、静かに人気です。
いろいろとお便りが届いていますが、そのなかからひとつ二人の関係を知るお便りをご紹介します。

高校生のなつきさんの抱えている悩みについて。
なつきさんは小学六年生の頃から宝塚を目指していたが受験に失敗したことで自信をなくし、
それから今に至るまであらゆることに対して挑戦する勇気を持てずにいる。

宝塚を目指していた頃は、負けず嫌いで後先考えずにまず行動する性格で、
「やればできる」「絶対合格する」と必死に頑張っていた。
しかし今は「もっと考えて行動すればよかった」と反省し、
「好きなことだからといって向いているとは限らない」と考えるようになった。

今回のラジオでは、挫折を経験した一人の若者のリアルな感情がとてもよく伝わってきた。
やる気をなくしているかっこ悪い自分を、
ラジオで見せることになって恥ずかしがっているなつきさんに対して、
僕は「羨ましいな」と思った。

なつきさんには、かっこ悪い自分をかっこ悪いと言ってくれる井川さんという大人がいる。
そして彼女は井川さんを信頼しているからこそ、
駄目な自分を、恥ずかしがりながらも見せている。

そこにはあるべき人間の関係性というものがあり、僕は羨ましくなった。
挫折を経験して、動けなくなってしまっている若者たちに、
このラジオを聴いてほしいと思った。

ラジオ瀬尾さん

PODCASTに登録

毎週火曜日更新。
歌手の中島みゆきさんの音楽プロデューサーで、
編曲家の瀬尾一三さんのラジオ。

瀬尾一三 wikipedia
ホームページ

編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、ほとんどお話になってこられませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

番組では、瀬尾さん、井川さんへのお便りを募集しています。

イカハゲ深夜便

PODCASTに登録

毎週月曜日配信。
井川さんと皆さんからの
お便りで作るラジオです。
生配信です。

配信はツイキャスでおこなっています。

お便りを書く

それぞれラジオではお便りを募集しています。

毎週書いていただいているリスナーの皆さん。
瀬尾一三さんへのお便り、なっちゃんへのお便り、ラジオ深夜便へのお便り、
それぞれ毎週楽しく読ませていただいています。

ぜひ今後ともお便りをお寄せください。楽しみにお待ちしています。