タダヒコ

タダヒコ2019年もやります。

マメヒコは11月23日の勤労感謝の日にタダヒコというイベントを開催します。メニューを全品無料にて提供する、1日限定イベントです。2017年は宇田川町店、2018年は公園通り店で行いました。2019年も、公園通り店が1日タダヒコになります。

タダヒコをやるにあたって

マメヒコでは日頃より、店舗運営の多くの部分をお客さんのお手伝いが担っています。それは店舗内のイベントを通して、自然発生的に生まれた状況です。飲食業界は人手不足が深刻である一方で、こうしたお手伝いのかたがお店に貢献くださることは大変ありがたく、また一方でなぜだろうと感じておりました。
そこで、勤労感謝の11月23日、お手伝いのお客さんだけで店を運営し、さらに、お客さんも全品無料にしてみる「タダヒコ」を実施したところ大変好評で、今年で3年目の開催となりました。

マメヒコでは「タダヒコ」を通して、お金とは、稼ぐとは、働くとは、を考えるきっかけにしたいと考えております。

2019年のタダヒコについて

日時

2019年11月23日(祝)10:00~21:00

場所

カフエ マメヒコ公園通り店

内容

この日限り、公園通り店は全品無料になります。お金をもらって働く ということを、マメヒコでも見つめなおす日です。

※公園通り店は通常の営業時間とは異なります。
※三軒茶屋店は8:00~22:00の通常営業を行います。

タダヒコお手伝いスタッフ募集

お客さまの中から、当日お手伝いくださるかたを募集します。
お手伝いスタッフに応募いただいたかたには、マメヒコで珈琲を淹れたり、ケーキを焼いたり、接客、洗い物など、すべての店舗オペレーションを、希望に応じて担っていただきます。

応募方法

を明記の上、下記の応募フォームよりご応募ください。

  • お名前
  • 年齢
  • 職業
  • 志望動機
  • マメヒコとの関わり

 

※書類と面接による審査があります。
※応募締切は2019年11月10日(日)です。

ご応募お待ちしています。

11月23日、スタッフ一同、みなさまのお越しをお待ちしています。

店主、井川より挨拶

応募してくださったみなさんを、どのポジションに配置するかは、ボクが独断で決めています。
事前にボクと面談をして、やりたいことや動機を聴きます。それで一番いい方法を考えるのです。
ちなみに、これは勤務ではないので、一切のお支払いはできませんのであしからず。
以下のポジションがあります。

 

①食器洗い

その日は全品タダにするので、たくさんのお客さんが来ると思われます。なので、たくさんの食器を洗ってくださるヒトを募集します。

②ドリンク係

ドリンクは結構、大変です。頭を使います。レシピも覚えないといけませんし、手が早くないとダメです。通常は一人でやるのですが、今回は二人体制で臨みたいと思います。

③盛り付け係

こちらも大変です。美的センスがないとダメです。食品の衛生意識もないとダメです。こちらも二人体制で臨みます。

④補充係

お店って混むといろんなものが足りなくなってくるんです。これをせっせと補充する係です。これが滞ると、お店は一気に停滞します。よくオーダーが立て込んでるのか、注文したものが、なかなか出てこないことってあるでしょう。これはこの補充係が、もたもたしてるか、補充係をスタッフが軽視して配置していないことが原因です。

⑤ホールスタッフ下げ物係

これは言わずもがな、下げ物をするヒトです。普通は、ホールスタッフはすべて兼任ですが、この日は、これ専属のヒトをつけます。

⑥ホールスタッフ 接客

席案内、オーダーをとる、配膳。お客さんを入口から、出口までを担当する係です。不愛想ではダメです。
感じが良くて、低姿勢でなくてはなりません。

⑦入口の案内係

タダヒコは、お金と働くことを、考えるひとつのきっかけになればいいと思ってやります。でもたぶんその意図は、十分には伝わらない気がします。無料ということだけが独り歩きしてしまう恐れもありますね。
それで、その結果、いつものマメヒコの感じが崩れてしまって、タダだから、メニューの端から端まで持って来い、なんて大柄なヒトがいたら、折角手伝ってくれたみなさんも、「なんのために手伝ったんだ」ってなったら悪いです。
なので、「今日は無料なんだけど、無料だと知らなかったつもりで、利用してください」と入口で伝える必要がありますね。この係は、人生経験豊富なヒトが要りますね。

⑧寄付金集め係

タダなんですけどね、寄付金を集めます。これがむつかしい。ひとことで言えば人間の器の大きさが問われます。
帰りしなのお客さんに、「タダなんですよ、タダでいんですけどね、けどもしよろしかったら、いやほんと、お気持ちがおありようでしたらですね、少しばかりのお心遣いをえぇ、こちらの箱にぽちっと」と出口で言ってもらうんです。

以上、8つの役割をやってくれるヒトをまず募集します。
係の中には、事前にレシピを覚えてもらったり、卓番を覚えてもらったりもあるので、当日の前に、研修も設けましょう。

2018年の準備風景

11月23日、スタッフ一同、みなさまのお越しをお待ちしています。

ご応募お待ちしています。

11月23日、スタッフ一同、みなさまのお越しをお待ちしています。