マメヒコの井川とクルミドコーヒー、 胡桃堂喫茶店の 店主影山知明さんとの対談です。 (影山知明) 井川さんはぼくの人生を2008年~ あらぬ方向へと導いてくれた 張本人であります。 以来、井川さんとはよく会い、 よく話をしてきました。 一緒に話をした時間を集計するアプリでも あったなら ぼくの人生においては井川さんがダントツの1位。 その長さはもちろんですが その中身の濃さ、気付きの多さ。 それは、井川さんが、自分とはまったく違う タイプだからということも 大きく作用していると思います。 ゆえ、今の自分の大きな部分は こうした井川さんとの関わりによって できていると言って、過言ではありません。

マメクル2020 #12/予測とコントロール

喫茶店に勤めているボクの考えを申し上げたいと思います。

教育にしても、法律にしても、経済にしても、政治にしても。
あらゆることを予測し、コントロールし、
合理的に振る舞うよう求めるいまの現代社会は、
明らかに行き過ぎであり、狂っていると、
喫茶店に勤めているボクは感じています。

たとえば。
自然に対しても、徹底した予測とコントロールを求める。
小さな子供に対しても、過度な予測とコントロールを求める。
世論に対しても、操作をしてまで予測とコントロールを求める。

「あのねぇ。そんなことを続けてればさ、
予測とコントロールがなけりゃ動けない、
何をしていいのかわからない。そんなやつが続出するってのがわからんのかね」

つまりですな、その、
とても非合理的な社会になるとわかんないのかね、
と喫茶店に勤めているボクは、
カウンター越しにお客様に繰り返し申し上げているのです。

「まったくよぉ、科学は万能じゃねんだぞ、こら」と、
ありとあらゆる制服を着た「現場」が、大きな声で叫べばいいのよ。

「薬は万能じゃねぇぞ、こら」、「教師は万能じゃねぇぞ、こら」

「だからよぉぉぉぉぉぉ、
自分である程度考えてくんないとよぉぉぉぉぉ、
困っちゃうのよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ」

喫茶店に勤めているボクは、なんでみんな、文句言わないのか謎です。

たとえば子供というものは、突飛なことをするものです。
突飛なことをすると書いて子供と読むんです。

子供の突飛に付き合ってあげるのが、教育なんじゃないですかっ。
突飛なことをしちゃダメっというのは、教育でもなんでもないんじゃないですかっっ。
あなたね、予測できずコントロールできないことはそんなに恐ろしいですか。
そちらのあなたね、予測できずコントロールできないことはそんなに不安ですか。

現場ではないどこかで。
予測とコントロール可能なデータを操って、
「ほら予測できた、コントロールできたよ」と呑気に鼻を膨らませてる連中を見て、
「そったらこと 当たるも八卦、当たらぬも八卦に、なにを偉そうに」と。
現場はみんなで笑えばいいのにと、喫茶店に勤めているボクは思いますです。

路地裏の喫茶店で、今日も蝶ネクタイを締め灰皿を洗っているボクは、
お客さんの小さな声がよく聞こえるよう、今日も念入りに耳くそをほじっています。