マメヒコの井川とクルミドコーヒー、 胡桃堂喫茶店の 店主影山知明さんとの対談です。 (影山知明) 井川さんはぼくの人生を2008年~ あらぬ方向へと導いてくれた 張本人であります。 以来、井川さんとはよく会い、 よく話をしてきました。 一緒に話をした時間を集計するアプリでも あったなら ぼくの人生においては井川さんがダントツの1位。 その長さはもちろんですが その中身の濃さ、気付きの多さ。 それは、井川さんが、自分とはまったく違う タイプだからということも 大きく作用していると思います。 ゆえ、今の自分の大きな部分は こうした井川さんとの関わりによって できていると言って、過言ではありません。

マメクル2020 #40/ なぜ日陰にいるのか

なぜ、ボクがもっと陽の目に当たるようにならないのか、と言ってくださるヒトが少なからずいるようなので、その疑問の声に応えます。

詳しくは動画を見てもらうとして、端的に言えば、
ボクは自分自身が脚光を浴びるなんてことよりも、もっと良いものが創れるようになりたい。
ただ、それだけを願っているからとしか言いようがありません。

このマメクル動画ですが、動画を撮ったことのない、全くの素人をスタッフとして撮っています。
手伝ってよ、と言って、快くいいよ、いいよと手伝ってくれるヒトとやっているのです。

しかし、快いとしても、いかんせんなんにも動画を撮った経験などないヒトたちですから、
ご覧いただければわかりますが、ボクはずっとフォーカスが外れっぱなしです。
砧公園の松にピントが合っているのです。
かなりマヌケで、とてもお見苦しいことなのですが、
それを指摘しても、そのスタッフの子はフォーカスが外れているという意味さえもわかっていないのです。

それでですね、いろいろと指南しまして、
「あのね、見てくれるヒトがいるんだから、もっと良いものを創ろうという気概がなくちゃだめじゃないか」
としつこく言いましたら、やる気になってくれて、ほんの少しだけ意識が変わったようでした。

そんなことがボクにとってはとても喜びなのです。