編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、
ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、
時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.231 中島みゆき「リラの花咲く頃」

最初に触れたときにはつまらないと思っていた作品も、何年か経てば面白さが分かったり、琴線に触れることがあります。
音楽だけではなく、本でも絵画でも映画でも同じです。
発表当時は評価されなくても、時を経て注目される作品だってあります。

作品は変化しませんが、人間は変化します。
年を取り、経験値が増え、暮らしや社会の環境も変わります。
だからこそ、1つの作品に時間をかけて向き合えば、その時々で違った受け取り方ができるのです。

みなさんも、若い頃に聞いた音楽や、学生時代に読んだ本など、今改めて触れてみてはいかがでしょうか。
新たな発見があるかもしれません。


<お知らせ>

番組内でみなさんから頂いたお便りをご紹介しています。
曲のリクエストやラジオの感想、日々のエピソード、瀬尾さんに聞きたいことを募集中です。
ぜひ、お便りをお寄せください

お便りは

こちらのフォームから送信
・info@mamehico.com宛てにメール
・コメント欄(このページの下の欄にあります)に記入
・〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-20-4 カフエマメヒコ ラジオお便り係宛に郵送

にてお待ちしております!!

【コメント】

コメントからお便りを送れるようにしました。(承認制

4.3 3 votes
記事の評価
Subscribe
Notify of
guest

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2 タイトル
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments
ふくよか【よかんの弾き語り記応援チャンネル】

瀬尾さん、井川さん、こんにちは!
自分の誕生日に更新があると、何だかプレゼントをいただいたような気分で、とても嬉しいです!ありがとうございます。

僕は最近、井川さんが毎日のように更新されているYouTube動画を拝見するのが日課のようになっています。動画の最後に流れるヨシノさんの歌は中毒性があって、聴いているうちにだんだんハマっていっています。

そこで質問なんですが、瀬尾さんが井川さん、というか、マメヒコに興味をもったきっかけは何だったのでしょうか?たまたま通りかかってフラッとお店に入ったら、珈琲がやけに美味しかったからだんだん通うようになった、とかでしょうか?細かいことでもいいので、覚えていらっしゃることを教えてください。

2
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x