編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、
ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、
時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.235 伊勢正三「メガロポリスの錯覚」

親の転勤で小中学校を何度も転校していた瀬尾さん。
友達のいない集団に馴染むのは、なかなか大変なことです。
いじめにもあっていた時期もあるのだそう。

でも瀬尾さんは、いじめた相手を許すことにしました。
辛い思いが忘れられず、いつか仕返してやるとか、一生恨んでやるという人もいるでしょう。
でも、相手を許すことで自分が救われ、楽になることもあります。

人が集まり社会が生まれれば、そこで優劣をつけたがるのが人間。
いじめが起こるのは仕方がないと諦めることはありませんが、自分を救うため、守るための秘策は、意外なところで見つかるかもしれません。

 

<お知らせ>

番組内でみなさんから頂いたお便りをご紹介しています。
曲のリクエストやラジオの感想、日々のエピソード、瀬尾さんに聞きたいことを募集中です。
ぜひ、お便りをお寄せください

お便りは

こちらのフォームから送信
・info@mamehico.com宛てにメール
・コメント欄(このページの下の欄にあります)に記入
・〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-20-4 カフエマメヒコ ラジオお便り係宛に郵送

にてお待ちしております!!

【コメント】

コメントからお便りを送れるようにしました。(承認制

5 1 vote
記事の評価
Subscribe
Notify of
guest

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2 タイトル
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments
瓦せんべい
瓦せんべい
1 month ago

井川さん
この度は、リクエストにお応え頂き、ありがとうございました!

今回の放送は、本当に内容も濃く、素晴らしかったです。
やっぱり、瀬尾さんって、素晴らしい人格者ですね。
そして、それを何気に引き出す、井川さんのトーク術に、感服しました。

井川さんが、放送内でおっしゃってたように、
今回の放送は、本当に多くの人に聴いて頂きたい内容だったと思います。

かなり以前の放送で、井川さんが、瀬尾さんのことを、
”お坊さんみたいですね”っとおっしゃてた時がありましたが、
本当にそのように思いました。

いじめられら相手を「許す」。
これは、普通できないように思います。ましてや、小学生の時に。。。
「忘れた」とか「遠ざけた」というのではなく「許す」ことで、
自分が楽になったというのは、まさに僧侶の域だと思いました。

私の家内も、いじめられた経験があったようで、
「凄いなぁー」って、こぼしていました。

そして、西原さん関連のお話の際の、
人間は、陰と陽のバランスが大事であって、善と悪があって、正直な感じがする。
「綺麗すぎると魚も住まないぞ!」という、瀬尾さんの名言も出てきて!

そして、今の政治家は大人しい感じがするけど、偽善的な感じが多い感じがする。
井川さんがおっしゃってた「ズルい」人が多くなった感じがするというのは、
これまた、私も、家内も、大きくうなずいておりました。

「証拠さえ残さなければ、何やってもいい!」というのが、見え見えで、
万一、際どいことが生じた時は、前衛部隊が、対処するという、
このズル賢さには、反吐がでますし、「人」としておかしいと思います。

そして、最後の、インターネットの危うさの話。
「道具は、使う人の知性が必要」という、これまた瀬尾さんの名言が出て!

そして、この内容の濃い流れを受けての、正やんの「メガロポリスの錯覚」
これは、私の家宝になりました!

今回、改めて思ったのですが、番組のタイトル「ラジオ瀬尾さん」から
「瀬尾さんと井川くんの”世直しラジオ”」に変えた方がいいじゃないかなぁー?!
っと思った次第です。

緊急事態宣言が再々延長されそうな感じで、
コロナもオリ・パラも、政争の具と化しておりますが、
自分を見失わないよう、心がけていこうと、今回の放送を聞いて、思った次第です。

本当に、ありがとうございました。

2
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x