編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、
ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、
時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.239 風「ささやかなこの人生」

初心者が作曲するとき、王道のコード進行にメロディを乗せる、という手法があります。
J-POPのヒットソングにも、そんな王道のコード進行で成り立っているものが多く存在します。

ただ、コードありきでメロディを作る方法だと、どこかで聴いたことがあるような曲になりがちで、メロディの印象が弱くなってしまうのだそう。

一方、メロディに力がある曲というのは、あとからコードをつけたものが多いのだとか。
中には音楽理論上は正しくないとされるコード進行をするものもありますが、それも曲の個性として強みになるのです。

メロディとコードの関係を感じながら曲を聴くと、どちらがより際立っているかが分かるかもしれません。

 

<お知らせ>

番組内でみなさんから頂いたお便りをご紹介しています。
曲のリクエストやラジオの感想、日々のエピソード、瀬尾さんに聞きたいことを募集中です。
ぜひ、お便りをお寄せください

お便りは

こちらのフォームから送信
・info@mamehico.com宛てにメール
・コメント欄(このページの下の欄にあります)に記入
・〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-20-4 カフエマメヒコ ラジオお便り係宛に郵送

にてお待ちしております!!

【コメント】

コメントからお便りを送れるようにしました。(承認制

5 1 vote
記事の評価
Subscribe
Notify of
guest

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

1 タイトル
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments
リトル・コースケ
リトル・コースケ
24 days ago

井川さん瀬尾さんおっはよーございます!
前回は、風の「ささやかなこの人生」を流していただき、ありがとうございます。「神田川」、なんとなくのイメージで、瀬尾さん編曲だと思いこんじゃってました。今後は、「音楽と契約した男」の作品リストを、指差し確認しながら、お便りを出させていただきます。

前回、南こうせつさんのサマーピクニック2014で、瀬尾さんアレンジの曲をたくさん聴けたという話を書かせていただきました。その中からもう1曲、「七色のスターダスト」は、シークレットゲストとして登場した、ももいろクローバーZと、作詞作曲の南こうせつさん、伊勢正三さんの7人での歌唱でした。会場で初めてこの曲を聴きましたが、その次に歌われた、名曲「あの素晴らしい愛をもう一度」や、ラジオ瀬尾さんテーマソング、ナウの「ヘイ!」にも、負けず劣らず、大勢で大合唱したくなるような、すごく楽しい気分になる楽曲でした。2万人がこの曲で、手を振っている光景は圧巻でした。
調べるとこの曲は、ももクロちゃんたちだけの曲ではなく、ももクロちゃんたちが所属している、「スターダストプロモーション」の女性アイドルグループの皆さんが、事務所総出で歌っている、社歌だったんですね。

ここで質問です。この曲は、ワンフレーズくらいのソロパートがあったり、数十人での合唱パートがあったり、レコーディングは、どのようにして録られたのでしょうか?すごく気になります。 また、この曲はみゆきさんの提供曲「泣いてもいいんだよ」の5ヶ月前に発表された楽曲ですが、この曲がきっかけで、瀬尾さんと、ももクロちゃんたちのつながりが生まれたのでしょうか?よろしければ、お答えいただきたいです。

もしも、またお時間がございましたら、無理にとはございませんが、曲リクエストです。
3Bjunior(スリービージュニア)の「七色のスターダスト」をお願いいたします。

1
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x