編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、
ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、
時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.244 チューリップ「私の小さな人生」

何かしてもらったことに対して「お世話になりました」「ありがとう」の気持ちが生じるのは当たり前ですが、昔に比べると義理を感じることが減ってきたのではないでしょうか?
人との関係性が希薄になり、気持ちのやりとりを省略しようと不義理になってしまうのかもしれません。

昔はお礼を伝えるときに電話をすることが多かったのですが、今はスマホからメッセージを送ればすぐ連絡できてしまいます。
なんなら、文字ではなくスタンプで済ませることもあるでしょう。
でも、相手の本心や、何を伝えようとしているかは、言葉で話さないと伝わらないのかもしれません。

互いに気持ちを伝え合えうことをめんどくさいと思うようになると、連絡事項や用事がないときは疎遠になってしまいます。
時には季節の挨拶をきっかけに互いの近況を報告しあったり、何もないタイミングでも「お元気ですか?」と声をかけて、気持ちをやりとりする機会を意識的に作ってみることも必要かもしれません。

 

<お知らせ>

番組内でみなさんから頂いたお便りをご紹介しています。
曲のリクエストやラジオの感想、日々のエピソード、瀬尾さんに聞きたいことを募集中です。
ぜひ、お便りをお寄せください

お便りは

こちらのフォームから送信
・info@mamehico.com宛てにメール
・コメント欄(このページの下の欄にあります)に記入
・〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-20-4 カフエマメヒコ ラジオお便り係宛に郵送

にてお待ちしております!!

【コメント】

コメントからお便りを送れるようにしました。(承認制

5 1 vote
記事の評価
Subscribe
Notify of
guest

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

1 タイトル
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments
nmsan2008
nmsan2008
11 days ago

瀬尾さん、井川さん、こんばんは。
いつも楽しく聞かせていただいています。
nmsan2008です。
チケットが当選した『結果オーライ』の公演が中止になったため、
『リトル・トーキョー』以来、みゆきさんの生の歌声を聴いていません・
素人の私が、あれこれ考えるよりも、瀬尾さんたちプロの方々が、
コロナ禍において、いかにみゆきさんの歌をファンに届けられるか、
きっと考えていただいていると思います。
そのことに期待しています。
瀬尾さんはガスの火を消し忘れたことがあるとのこと。
火の消し忘れには使えないかもしれませんが、
私は、何かにつけて「指差し確認」活用しています。
お店をやってる井川さんなども活用されてるんじゃないでしょうか。
瀬尾さんも、ぜひ使ってみてください。

1
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x