「同じ」について

経済というのは同じじゃなきゃダメです。
なぜなら「等価交換」が原則だからです。
値段をつけて流通させなくてはビジネスにならない。

だから等価交換を成り立たせるために、
関わるヒトもみな「同じ」じゃなきゃダメなんですね。

けれど、ヒトって同じでしょうか。
人間は違うんです。

たとえば、四角の上に丸を書いてください。
どうです?
周りのヒトと書いた絵を見せ合いっこしてください。

すると。
人の数だけ色んなパターンが出てくるんでしょう。

ヒトというのは、ちっとも同じじゃないんですね。
何度も言いますが、忘れないでいただきたい。

違うヒトを同じにさせる。
それが教育だと思われてる。

甚だ勘違いしています。

たしかにヒトは、ほっといたら、
なかなか「同じ」にならないですね。

よって。
マニュアルを作って、同じにさせようとする。

そうやってできた「同じ人間」は、ボクにとって、
とても居心地の悪い人種です。

「同じ」が素晴らしい。
「等価交換バンザイ」というヒトは、
勝手にそのとおりやってればと思います。
訓練して「同じ」にできるようになると、上達した気がしますね。
けれど、根源的な感覚は退化しているんですよ。
それに気が付かないほどに、退化してしまっている。

マメヒコはそうならないように気を配っています。

「同じ」にできるヒトが優秀だなんて、
マメヒコではいいません。

たしかに「同じ」じゃないとクレームが来ますよ。
ボクはそういうクレームを徹底して無視していいと言ってます。
みんなバラバラ好きにやればいい。

好きにやってると、なんとなく近しいところが出てくる。
群れとしての調和が整ってくる。
それは清々しい文化だと思います。

0 0 vote
記事の評価
Subscribe
Notify of
guest

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

0 タイトル
Inline Feedbacks
View all comments
Archive
カテゴリー

IKA-HICOメンバーになるには月額1,500円かかります。「Youtube IKA-HICOチャンネル」に定期的に投稿していただきます。

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x