編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、
ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、
時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.247 児島未散「マリンブルーの恋人達」

上の立場の人が下の人に対して高圧的な態度で接すれば、今の時代はすぐパワハラだと言われます。
もちろん、度を超えた圧力や法に触れる行為は問題視されるべきですが、なんでもかんでもダメという風潮になれば、年長者は若者と距離を置いてしまうかもしれません。
「触らぬ神に祟りなし」です。

中には、相手からどう思われるかはお構いなしに、若い人にグイグイ迫り、引っ張り回す人がいます。
音楽の世界にも、そういう人に引き上げられ、活躍の場を与えられた若者がたくさんいます。
「ちょっと迷惑だな」と思って避けるのか、「何か得るものがあるかもしれない」と付いて行くのか、経験を積む機会、成長につながるのはどちらなのでしょうか。

弱者を守ることは大切ですが、守ることだけを目指せば、孤立化することにつながるかもしれません。
一緒に何かに取り組む人とは、まず信頼関係を構築し、ほどよい距離感で刺激を受けながら付き合っていけるといいですね。

 

<お知らせ>

番組内でみなさんから頂いたお便りをご紹介しています。
曲のリクエストやラジオの感想、日々のエピソード、瀬尾さんに聞きたいことを募集中です。
ぜひ、お便りをお寄せください

お便りは

こちらのフォームから送信
・info@mamehico.com宛てにメール
・コメント欄(このページの下の欄にあります)に記入
・〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-20-4 カフエマメヒコ ラジオお便り係宛に郵送

にてお待ちしております!!

【コメント】

コメントからお便りを送れるようにしました。(承認制

5 1 vote
記事の評価
Subscribe
Notify of
guest

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

0 タイトル
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x