編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、
ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、
時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.253 内藤やす子「あんた」

音楽の保存形式は、アナログとデジタルに大きく分かれます。
最近はデジタルが当たり前ですが、かつては磁気テープに保存する方法の、アナログしかありませんでした。
しかし、テープは何度も再生するうちに伸びて劣化してしまうので、長期保存に向きません。

音源も今やアナログとデジタルに分かれます。
デジタルを駆使すれば、最近は往年の名機と言われる古い楽器やシンセの音もパソコンで再現できますし、パラメーターを変えればあらゆる音を再現できてしまいます。
でも、デジタルの音とアナログの音は、太さや厚みが違うと瀬尾さんは言います。

アナログの味わい深さとデジタルの便利さ。
どちらも手放せないこの時代、両方をうまく組み合わせた音楽が求められているのかもしれません。

 

<お知らせ>

番組内でみなさんから頂いたお便りをご紹介しています。
曲のリクエストやラジオの感想、日々のエピソード、瀬尾さんに聞きたいことを募集中です。
ぜひ、お便りをお寄せください

お便りは

こちらのフォームから送信
・info@mamehico.com宛てにメール
・コメント欄(このページの下の欄にあります)に記入
・〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-20-4 カフエマメヒコ ラジオお便り係宛に郵送

にてお待ちしております。

【コメント】

コメントからお便りを送れるようにしました。(承認制

5 1 vote
記事の評価
Subscribe
Notify of
guest

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

1 タイトル
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments
山上 秋恵(現在引っ越し中)
山上 秋恵(現在引っ越し中)
16 days ago

こんにちは。今日はラジオの感想ではないのですが(ごめんなさい)、ラジオ瀬尾さんvol.251の回が2つ存在するのが先日から気になっておりまして(「青春の坂道」の回と「恋人も濡れる街角」の回)……「恋人も濡れる街角」の回はvol.252で、最新の更新分はvol.253ということになるのではないでしょうか。もし既にお気付きでしたら申し訳ありません。ご確認の程よろしくお願いいたします。

1
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x