最近のエトワール★ヨシノについて

2023エトワール★ヨシノ

ようこそ、いつも応援いただいているみなさま、そして、お初のみなさま。

喫茶エトワールのヨシノでございます。こんにちは。

今回の3rdアルバム、タイトルは、ラテン語の 「virtus (ウィルトゥース)」と申します。

「美徳」と辞書にはありますが、ワタクシは「敗れの美学」、と解釈しています。

今の時代、「敗れの美学」について考えてみる必要があるんじゃないかしら。

いまの時代は暗い空気のようなものに支配されて、打ちひしがれている方がなんと多いことか。

ワタクシの周りにも、「ほんとは思ってることを勇気を持って伝えたい。

けど、その勇気は失ってしまったよ」、とポツリ、つぶやいたヒトがおられます。

「自分のことしか考える余裕がないのかもしれない」、って寂しそうにうなだれたヒトもいる。

ワタクシは常日頃から、言いたいことを言い、やりたいことをし、それで去りゆくものがいても、

けして追いかけたりしません。

それでも幸いなことに、想いを寄せてくださる多くのみなさんがおります。

それは、ワタクシがちっとも勝てない、負け続けているからなんじゃないかと思うんです。

多くのみなさんの助けがあるので、不安や苦しみがたとえあっても、落ち込んだりしないです。

歴史を振り返ってみても、戦いのなかった時代なんてほぼないですから。

戦い敗れても幸せに生きる。負けても笑っている。

むしろ負けたことを笑って、みんなと輪になってご飯を食べる。

夜になったら寝て、朝が来たら元気に起きて、また前を向いて歩く。

それが幸せじゃないかと思います。「敗れの美学」をきちんと考えてみる必要がある気がするんですね。

今日も健やかな生活を送れることに感謝して、ライブがんばります。

それでは、みなさまにお会いできる日を、心より楽しみにしております。


ボクは、エトワール★ヨシノという歌手と付き合いがある。

彼女はシャンソン歌手で、年齢も不詳。

横浜生まれで、両親は港湾で喫茶店を営んでいて、

彼女もその血筋か、渋谷で長いこと「喫茶エトワール」という小さなお店をやっていたらしいが、

再開発の波に飲まれて店は閉店を余儀なくされる。

彼女の歌は、そこの常連しか知らず、売れるとか売れないとかとはまったく別の世界にある。

長年、店とともに歩んできたお客の多くは、とっくにあの世に逝ってしまっているので、

彼女のかつてあった店も、彼女の歌も、ほとんど誰も知らない。。。

とまぁ、もう、それは、そういうことになっている。

そういうことで、それ以上の詮索は野暮。

サンタさんがいて、いい子にしているとクリスマスの夜に、

プレゼントを持ってきてくれるって設定のようなものだ。

だから、ボクの立場でエトワール★ヨシノについて書きにくい。

もっとも近くて、遠い立場にいる。

それでも、彼女を愛しているお客は少なからずいる。

愛していると大声ではいえないけれど、愛してしまったというお客も少なからずいる。

「ヨシノさんは、なにがなんでも続けてください」

それに応えるべく、LIVEをせっせとやっている。

コロナの最中でも、ヨシノはLIVEをせっせと演った。

誰も来なかったけれど、誰も来なくても演るのがヨシノ。

ほんで、また、演ります。

銀座でも、すごくしょっちゅう、演ります。

誰も来なくても演るのがヨシノ。タフ。

エトワール★ヨシノ2023

Archive
カテゴリー

IKA-HICOメンバーになるには月額1,500円かかります。「Youtube IKA-HICOチャンネル」に定期的に投稿していただきます。