赤裸々相談会について

昨日、群馬、前橋のサンデールームという自然農法の野菜を売っているお店で、
「井川さんの雑話会」をやった。

ハタケマメヒコの小豆を使った「ぜんざい」を振る舞うという文句で、
何人か集めてもらった。

サンデールームでの雑話会は、去年の夏以来ぶり。
今回は新年早々にも関わらず、全員女性のお客さん40名ほどいただろうか。
なかには前回面白かったからと、再び来てくれた参加者もちらほらいた。

いつもボクの雑話会はテーマは事前に決めず、その場で思いついたはなしをする。
昨日は、サンデールームの主宰者である星野さんとボクとの対談とのことだったが、
およそ二時間ボクが喋り倒した。

なにをはなしたかはあまり覚えてないけど、
まぁ、いつもどおり最後は観客とボクとのあいだに、
なにがしかの関係が築かれた手応えができて、会は終わりに差しかかった。

ボクは、今の時代、とても自己紹介が大切だと説いた。

これはボクが日頃MAMEHICOのメンバーにも言ってること。

「自分は何者であるか」
「自分はなぜここにいるのか」

これを話せないと、ヒトはまったく信用してくれない。
他人のことはすぐとやかく言うヒトでも、
いざ自分のことを発言するとなると途端に躊躇し、
なにがしたいのかわからないヒトが多い。

まったくもって自己紹介が下手なやつばかりでイライラする。

経済が低迷し、巨大資本だけが生き残る行き過ぎた資本主義、グローバル主義のいま、
お金を稼いで生き残っていくには、なるべく付加価値をつけ高く売るほかない。

それなのに自分が語れないというのは、
自分の付加価値を伝えられないということにほかならず、
だとすると大きな組織に属すほか無い。

それはそれで悪いと言ってるわけではないけれど、
大きな組織に属すのはいや、
でも自分の話しをするのは苦手です、
これではどうにもならない。

相当なスキルや誰も出来ないなにかがあるなら、
口下手でもなんとかなるかもしれないが、
これだけインターネットやデジタルが発達してるなかで、
スキル一本、勝負していくというのはそれまた難しい。

MAMEHICOでも自己紹介させると、

「自分は何者でもないです」
「特に何かやりたいというわけでもなくて」
「自分はなんとなくここにいるだけです」

とにかく自分の「意思」を示そうとしない。
これでは、ヒトの気持ちは動かないし、ヒトは誰もついてこない。
逆を言えば、ヒトがついてこないってヒトは、
自分を語り切れていないのではないかと思う。
とにかくやろうとしていること、やっていることの動機が、
ストーリーとして鮮明に語られてないように思う。

さて。
そんなようなことをサンデールームでもはなしたら、
「あの、わたしごとでもいいですか」と、訥々と自分を語り始めた女性がいた。

その年配の女性は病気をきっかけに、
自然食品を求めてここに来たのだけれど、このようにイベントに通うようになったのは、
自然食品が目当てではないんだと。

自分の実家は、酒屋か飲み屋かを営んでいて、
子供時代はいつも家に大人たちがわいわいといた。
そんななかで育ったその女性は、みんなが集まってわいわいしている場所が楽しく、
好きだったのだと、年も年になってやっと気づいた。

だから、いまは自分がいずれ店を持てたりできないか、
なーんてことを考えたりしながら、
ヒトの集まる場所を求めてせっせと通っているのだ、
というようなはなしをされた。

その女性の自分語りがとてもよく、
グッと来るものもあって、それがきっかけとなって、
ほかにもほかにも自分を語ることが出てきて、
ときには言葉に詰まったり、泣き出したりするヒトもいたりと、
最後は赤裸々相談会となって、会は終わった。

 

みんな話がしたいのだなと思う。
けれど、みんなはなしたくないのだなとも思う。

自分の話は生々しすぎて話をするのが怖い。
自分を見ないできたからこそ、いままでやってこれたなんてこともある。
ついつい話をしたあと、しまった、こんなはなしをするんじゃなかった。
後悔した、怖くなった。

はなしたいけど、はなしたくない。
女の子には秘密の花園がある。

自分だけが守ってきた秘密の花園を否定されたくない。
壊されたくない。
守るべく誰にも語らず秘密にしてきたが、
やっぱり秘密ではつまらない、秘密は寂しい。

そういう幼稚でしたたかでわがままな心が、
おとなになってもゆらゆらと揺れている。

 

MAMEHICOメンバーになったヒトには、自己紹介を指導したい。

Archive
カテゴリー

IKA-HICOメンバーになるには月額1,500円かかります。「Youtube IKA-HICOチャンネル」に定期的に投稿していただきます。