ラジオ瀬尾さん

ラジオ瀬尾さん

SEO vol.257 長渕剛「鶴になった父ちゃん」

中島みゆきさんが歌う姿は、背筋が伸びてピンとしています。 大きな笑顔も印象的です。 でも、笑って歌っているわけではなく、歌唱法として口角を上げているのだとか。 姿勢も声の出し方に影響するのでしょう。 あえてぼそぼそと歌う

Read More »
ラジオ瀬尾さん

SEO vol.256 中島みゆき「サバイバル・ロード」

創作の過程で作品に込めた想いや熱情は、多くの人の心に届きます。 でも、そこに作為が見え隠れしては、よい作品とはなりません。 作為的であるということは、相手に媚を売るということにも似ているからです。 作品が売れなければ利益

Read More »
ラジオ瀬尾さん

SEO vol.255 山本潤子「さらば恋人」

日本語には「雨がしとしと降る」「にこにこ笑う」など、物事の状態や動きなどを表すオノマトペと呼ばれる言葉があります。 擬音語・擬態語とも言われ、日本特有の表現なのだそうです。 歌詞の世界にも、オノマトペがたくさん使われてい

Read More »
ラジオ瀬尾さん

SEO vol.254 小椋佳「うす紅色の」

自分の持っている価値を周りに与えるだけで、何も見返りを求めない瀬尾さん。 仕事を通じて得られる経験ややりがいだけあれば十分なのだそう。 それはカッコイイ生き方かもしれませんが、誰もが当たり前にできることではありません。

Read More »
ラジオ瀬尾さん

SEO vol.253 内藤やす子「あんた」

音楽の保存形式は、アナログとデジタルに大きく分かれます。 最近はデジタルが当たり前ですが、かつては磁気テープに保存する方法の、アナログしかありませんでした。 しかし、テープは何度も再生するうちに伸びて劣化してしまうので、

Read More »
ラジオ瀬尾さん

SEO vol.252 中村雅俊「恋人も濡れる街角」

今の時代は核家族が増え、結婚しない人もたくさんいます。 多くの人と関わればぶつかることもありますし、ストレスを避けるには、一人で気ままに暮らすのも悪くはありません。 かつては大勢の家族で食卓を囲み、全員でそろって「いただ

Read More »
ラジオ瀬尾さん

SEO vol.251 岡田奈々「青春の坂道」

仕事や家庭のことなど、長年にわたって心血を注いできた人は、どこかのタイミングで「やり切った」という感覚を得ることがあるそうです。それは、自分はできるときに十分にやってきたという満足感と納得感とも言えそうです。 では、どん

Read More »
ラジオ瀬尾さん

SEO vol.250 中村隆道「Hamlet Days」

瀬尾さんはレコーディングの際、楽器の音をそのまま録音するだけではなく、新たに作ってしまうこともあるのだそうです。 例えば段ボールを叩いてドラムの音として使ったり。 曲を聴いているだけでは、まさか段ボールの音とは気づかない

Read More »
ラジオ瀬尾さん

SEO vol.249 長与千種「journey」

瀬尾さんは街の中で突然知り合いに遭遇するのが苦手だそうです。心の準備ができていない状態で、予期せず誰かに声をかけられたならば、ささっとその場を立ち去ってしまうのだそうです。 さらに、女の子と食事をしたり、出かけたりといっ

Read More »
ラジオ瀬尾さん

SEO vol.248 山田パンダ「風の街」

最近のアイドルの楽曲も手がけている瀬尾さん。 アイドル事情には詳しくないようですが、全く知らないわけではなさそうです。 「かわいい女の子は好き」と言いつつも、みんなに好かれている人気アイドルではなく、誰も推さないけど、独

Read More »