井川のはなし

季節を食べる

野川沿いの野草を食べるのが目的です。この季節は春の植物がわりとなんでも食べられます。 野草の王様といえばヨモギ。 これを外で白玉団子にして、あんみつにします。あまり群生してないので、せっせと採りますがなかなか溜まりません

時代が変わったことの確信について

おととい、昨日、そして今晩と、 3日間、宇田川町店で、 「ゲーテ先生の音楽会」というのをやっています。 どんな会なのかと一口で説明しましょうか。 いや、なんだかうまく説明できないんです。 だってできないんです。 とにかく

春の塩胡椒ラベルについて

マメヒコの塩・胡椒のラベルには、 その時その時にボクが思いついた言葉を、オープン以来ずっと書いています。 (こういうとこがウザイんですが) この春は、古い探春という好きな漢詩の抜粋です。 そこから、 春を尋ねて 春を見ず

4月以降のマメヒコについて考えていること

マメヒコの井川です。 4月以降のマメヒコについて考えていることを。 今の価格を維持したまま、マメヒコの魅力を伝えてお客さんに喜んでもらうことは、 とても難しいけれど、それはとてもやりがいがあることです。 やり続けなければ

間もなく始まる味噌会について

マメヒコのイベントに初めて参加される方のために。 新年あけましておめでとうございます。 マメヒコの井川と申します。この会の企画責任者です。 間もなく始まる味噌会ですが、大変多くの方から参加希望が来ております。 さて、マメ

「さよならとマシュマロを」とボクのはなし

今年は「さよならとマシュマロを」という映画を作りました。 自分でいうのも気が引けますが、とても良い映画だと思います。 小さなカフェを通して、普遍的な物語が描かれているし、 なにより、カフェが映画を作る、という意欲に、 ボ

少し長いランチの話し。

渋谷店の近くにマメヒコ パートⅢというのを作りました。 そこでは念願だったパンを、 1からこねて焼くことができる様にしてあって、 毎日毎日パンを焼いています。 12月に入って、そこで作ったパンを 渋谷マメヒコでも三茶マメ

ここ最近のこと。

カフエ マメヒコをやっている井川と申します。 ここ最近のこと。少し書きますね。 ボクはいま12月からのメニュー替えのために、試行錯誤しています。 少しばかり大きく変えるつもりです。 マメレットが今月いっぱいでなくなります

お茶ヒコってなんだよ

「マメヒコ」という名前の店を始めて5年になります。 マメヒコとは、マメとヒーコー。 あのヒーコーとはつまり、珈琲の逆さ読みでして。 寿司をシースーとか、六本木をギロッポンとか。 そういう風に「ヒーコー」。 日本古来のマメ

豆サミットが終わって

豆サミットに来ていただいた皆さん。 豆サミットに出演してくだすった遠軽の長谷川さん、服部さん。 それぞれのご家族。 そして快くパネラーを引き受けてくだすった、CIAのシーユーチェンさん、小田原で畑づくりをしているデンマー