お料理を作ることは、大人数でも少人数でも同じで、
いつものご飯が基本です。

ボクの料理は、日本に住むボクの食事の延長にあるので、

シンプルであること、
塩と油が少ないこと、
季節の素材の味がすること、
美味しすぎないこと

が基本なのです。

さて。
ボクが料理をするようになったきっかけは、ひょんなことからです。

大学生の頃、ボクは学習塾を経営していて、
その教え子のお母さんが、とんでもなく料理が上手だったのです。
それで教えてほしい、とせがんだのが最初です。

ほんとにねー、和食でもケーキでも何を作っても美味しかった、
すごいヒトっているんだなと思いました。

それから見様見真似で料理の基本を覚えて、
あとは好きこそものの上手なれです。

料理の本もいろいろと読みましたが、
有元葉子さんの本だけ残して、捨てました。
要は料理はスタイルなんであって、レシピじゃないと思ったからです。

25歳のときニューヨークに住んでいたことがありました。
テレビの仕事です。それも新婚だったんです。

毎日スーパーマーケットに入り浸り、
食べたことのない食材を片っ端に買って、
料理したことも大きな経験です。

キャビアもトリュフもオリーブやナッツ、
スパイス、チーズもそこで覚えました。

とくにナッツやスパイスの使い方、盛り付けについて
たくさん考える切っ掛けができました。

それと、炭や薪を使ってのグリル料理が豊富なので、シンプルに焼いただけ、
それがなにより美味しいというのも向こうで覚えたことです。

ギリシャ料理で焼き魚を食べると真っ黒焦げで笑っちゃう。
ジャバジャバと、オイルをかけて焼くんだもの当たり前だよね。

その影響で食事会でボクは、よく七輪を使います。
魚でも肉でも丁寧に焼きますよ。