原罪の小道をみんなで歩いて

 

遠く続く、地平線の、水平線のその向こうの、

知らぬ誰かの涙が、温かい血が、

小さな命が、一粒の角砂糖の中あるということを。

知らずに珈琲を飲んでいる。

 

風に吹かれてできた、藤の花の朽ちた紫の小道の上を。

ボクたちは罪を背負って歩いている。

 

0 0 votes
記事の評価
Subscribe
Notify of
guest

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

0 タイトル
Inline Feedbacks
View all comments
Archive
カテゴリー

IKA-HICOメンバーになるには月額1,500円かかります。「Youtube IKA-HICOチャンネル」に定期的に投稿していただきます。

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x