六花亭について

ボクがマメヒコをやるようになって、
シンプルな食べ物を提供することと
ビジネスを両立することの難しさに何度も直面しました。

何度も絶望するたび、勝手に励まされていたのは六花亭です。
北海道のマルセーバターを作っているお菓子屋さんですね。

六花亭は建築も素敵なんです。
柏の大きな扉が自動ドアだったりね、かえで蔦が建物に絡まっていたり。
音楽ホールを作って音楽会をやったり、子供の詩集なんかも出していたり、
茶室や陶芸の窯ももっていたりね。
とてもボクは六花亭に憧れていました。なんかただ羨ましいんですよね。

六花亭のお店にいくと、店の隅にひっそりと看板が出ているのです。
そこにはこう書かれています。

=====

店はお客様のために

毎日たくさんのお菓子を製造していますが、
お召しあがり頂くのは、あくまでもその中のひとつです。
お客様にとって、その大切なひとつのお菓子が
いい加減な製品では許されません。

私どもは、お菓子の販売にあたっては『満足保証制度』を取り入れています。
お口に合わない、いつもとちょっと違う、どんな理由でも結構です。
ご満足頂けなければ恐れ入りますが現品をお持ちください。
交換、返金、その場でご希望どおりに対応いたします。

お菓子の製造にあたっては岩波新書『食品を見わける』(磯部晶策著)
にまとめられている良い食品の四条件の定義を基本としています。

1.安心して食べられること。
 食品添加物について考えるとともに、
 食品衛生の基本から安全を追求する。

2.ごまかしのないこと。
 偽和、不当表示にとどまらず、
 一切のごまかしを排する。

3.味の良いこと。
 化学調味料や、表示上で「天然調味料」と呼ばれるものなどによる
 安易な味付けに依存せず、原材料と技術の調和による美味を生み出す。

4.品質に応じた妥当な価格。
 どんなに良くても品質に比較して
 不当に高い価格は失格と考える。

六花亭

=====

マメヒコがね六花亭のようになることはできないけどね。
なんかいいなぁ、すごいなぁと、いまでも憧れています。

ちなみにお菓子では、◯△□というクッキー缶と、
雪やこんこ、チョコマロン、大平原が好きです。
マルセーバターサンドは好きじゃないです。

とりわけ◯△□ はね、賞味期限が短くて。
そこがすごい。

お菓子のネーミングもいいし、全部手書きのタイトルがまたいんだよなー。

0 0 vote
記事の評価
Subscribe
Notify of
guest

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

0 タイトル
Inline Feedbacks
View all comments
Archive
カテゴリー

IKA-HICOメンバーになるには月額1,500円かかります。「Youtube IKA-HICOチャンネル」に定期的に投稿していただきます。

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x