第7話-Act.1 配信されました(と、お詫び)

こんにちは、制作の坂本です。
第7話 Act.1 公開されました〜!

はい。まずは、お詫びです。

配信スケジュールに撮影が追いつかないために、
先週は配信が出来なかったこと、深くお詫び申し上げます。
せっせと撮影しているつもりが、配信に追いつかれています。

ついでに、この日記が発信不定期で、
だらしないという点について謝罪いたします。
申し訳ございませんでした。

制作日誌を更新しそびれていますが、
第6話 Act.2第6話 Act.3 は配信済みです。
まだ見ていない方は、クリックして飛んでください。

さて、第7話にして、新たな人物が登場しましたね・・・!
どういうきっかけでノッテビアンカを
見てくれているのか分かりませんが、
新たな登場人物を理由に初めて見てくれた方も多いはず。
はじめまして、ですね。
ぜひYouTubeの方に、感想コメントをお寄せください!
そして、第7話から見ても、はて?なんの役??という感じだと
思いますので、ぜひ全話みてください!
You Tubeのリストからが、全話再生しやすいです。
リンクは、こちら。笑

**********

第7話Act.1、登場人物もさることながら、編集も面白いです。
カフェOSEKKAIのシーンから、
ケンタの寮のシーンへ繋がりますが、
花で繋がっているのが、特にお気に入り。
現場にいた人はあれっ?!と気付くでしょうが、
こう繋がるように、映像が実は反転してます。
カフェで花瓶に活けてある花と、
偶然、ロケ地の庭で咲いていた庭のクレマチス。
意図された小道具ではなくて、どちらも偶然ですが、
それが編集によって、演出されているのがなんとも面白いのです。
ちなみに、ケンタの寮のロケ地として、
影山さんのご好意で、ぶんじ寮をお借りしています。

**********

さて。ノッテビアンカの近況をご報告しますと、
第8話の台本の準備稿が、5/2(月)にあがりました。
第7話以上に、集大成とでもいうべき登場人物の多さ、
今まででいちばんのシーン変わり、
こんなに日替わりする話はなかったなぁ・・・と、
なんて面白い本なんだろう…!と感じました。

5/6(金)に完成稿を入稿してもらい、
ノッテビアンカもこれでおしまいかぁ〜、
なんて感慨にひたったのもつかの間のこと。
配信スケジュールを確認すると、
第8話Act.1の配信予定日は、6/3(金)・・・!?
(注※ やっぱり無理だったので、
今日現在の配信予定日は6/10(金)です)
製本された台本の到着を待たずに、
5/8(日)に、第8話はクランクインいたしました。

ロケスケを組むときに、
私の頭の中にいつもあるイメージはビリヤード台。
球が多くなればなるほど(役者やロケ先が多くなればなるほど)、
かつんと綺麗に穴に入れるのは難しく、
ほんのすこしのズレで、複雑な動きをして、
散り散りになる球達。
またかー、と思いつつ、
そこから穴に入れるように、打つ角度を探る。
何度打っても、入らない球が出てくる。
台の上に球が残りそうだ。それはまずい、さてどうしよう。
役者を変更するか、ロケ先を変更するか、台本を変更するか・・・(苦笑)
そう、なんとしてでも、6月中旬にはクランクアップしたいのです。
ノッテビアンカに限らず、次から次へと
新しいことが芽生えるマメヒコでは、
次のことが順番待ちしています・・・。
砕氷艦のような強引さで、
役者のスケジュールをどうにかしてもらい、
この土日もまた撮影を行いました。
昨日、ほとんどのロケスケがようやく固まり、一安心。。。
ご協力頂いてる皆さん、いつも本当にありがとうございます。

**********

第7話Act.1では、ヨシハルがこれからの社会を、
南極観測隊の経験を踏まえて語っていますね。
このドラマのタイトルでもある「ノッテビアンカ」は、
イタリア語で「白夜」の意味です。
スズのナレーションで、
「2022年。令和4年。平成でいえば34年。
昭和でいえば97年に当たる今年」と
お決まりの文句がありますが、この100年くらいは、
戦争があったとしても、白夜のような明るい世の中が、
たまたま続いていました。
辛いこともあれば、希望もあるだろうし、
上を向いて歩こう、の時代だったのだと思います。
翻って、令和になって、時代は変わってしまいました。
「アフターコロナ」という言葉も示すように、
コロナウイルスに限らず、世界が変わっていくのを私は感じています。
ヨシハルの言わんとすること、私はとてもよく分かるのです。

でも、私は、たとえ極夜だとしても、
美しいものは消えないよな、と
第7話Act.1のゆらめく
オーロラのインサートを見ながら思いました。
むしろ、暗闇の中だからこそ、美しいものが際立つというか。
大切なのは、美しいものを美しいと感じる
自分の感受性なんだと思います。

実際に南極観測隊として派遣されていた方と
お話しする機会があって、
オーロラを見た感想を聞いてみたのですが
「本当にぞっとする」とのことでした。
天を覆う、美しく凄みのある自然現象を目前に、
自分がいかにちっぽけなものか、思い知るのでしょう。
ミクロとマクロの概念ごと、そして時空感覚も、
覆されるのだろうな、と感じます。

**********

皆さんもご存じの通り、5/9(月)には、
カフェOSEKKAIの舞台である、
カフエマメヒコ公園通り店が閉店となりました。
そりゃカフェOSEKKAIも閉店せざるを得ません。
ノッテビアンカにおいて、現実と虚構の境界は、限りなく揺れています。

「一粒の麦、地に落ちて死なずば、唯一つにてあらん、
もし死なば、多くの果を結ぶべし。」
聖書の一節ですが、カフエマメヒコ宇田川町閉店のときにも、
井川さんが閉店に寄せた一文です。
『塩狩峠』でご存じの方も多いかもしれませんね。

「種」という漢字で、
「しゅ」とも「たね」とも読むことに改めて気づきます。
命を授かった以上、種(しゅ)の生命の営みを
受け継ぐように、生きていく。
哀しくも美しく、荘厳なものだと思います。
死ぬことは生物の宿命だし、
種(しゅ)という大きな単位で、命を考えれば、
死という一現象も、あくまで変化のひとつでしょう。
地に落ちた一粒の種(たね)は、
一粒であろうと、壮大な希望だとも思います。

人間にしたって、オーロラを目の当たりにしなくても、
一人の人間は、本当にちっぽけなんでしょう。
私もその時がきたら、種(たね)になるように死にたいなぁ、
そうなれるように生きなきゃなぁ・・・と思います。
喜びと悲しみを繰り返して時代はまわる、と
歌う方がいらっしゃいますが、きっとそう。

**********

希望を描きたい、と企画されたノッテビアンカ。
希望、あなたにも伝わっていますか。

それでは、また来週〜!

一口サイズのおやつ、流行ってます。
5 1 vote
記事の評価
Subscribe
Notify of
guest

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

4 タイトル
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments
浅川lucyすみ江
浅川lucyすみ江
23 days ago

YouTubeのリストのリンクありがとう。でもやっぱり、私はこのブログを読んでからドラマ本編を観る流れが気に入ってます。
先日エキストラ参加した時は、まだ7話を観てなくて、このブログも最初の方だけ。だから新しい登場人物って誰?からの撮影終了後の出来事には本当にびっくり!感激!でした。そして、改めて最後まで読みました。実は今まさに、知り合いの娘さんが南極観測隊の一員として昭和基地にいます。オーロラは勿論、日常の様子を時折呟いています。ドラマの世界と私の現実が、思わぬところで繋がっていて何だか妙な気持ちになりました。

浅川すみ江
浅川すみ江
5 days ago

そうです。第63次観測隊員。
知り合いは以前いた職場の同僚で、まだ小さかったお嬢さん連れて職場に来た事もあります。当時同じ課だった者は彼女の成長の様子を聞き知っているので、驚きと共に「彼女らしいね」って想いです。なんとも活発でユニークな子でした。ところで、数日前に第64次観測隊が発表されましたが、よく知ったお名前が載っているのをご存知ですか?しかも調理担当で。えーっ、まさかー?いやいや、同姓同名の別人でした。

Archive
カテゴリー

IKA-HICOメンバーになるには月額1,500円かかります。「Youtube IKA-HICOチャンネル」に定期的に投稿していただきます。

4
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。