水だとすれば、について

年がまたいで、ますます寒さが増すこのごろ。

けれど、どこかですでに、春が隠れていることに気づく。

日が少しずつ長くなっていること。

温かい風に乗って、土の香りが届いたこと。

蕾が膨らんでいる、気持ちもまた同じく。

去年の今頃はノッテビアンカの撮影に追われていた。

思い出すのは、梅園での撮影、風に舞う梅の花びら。

紅も白も。

梅の花びらが舞うなんて初めて知った。

桜より色が濃い分、艶やかだった。

一年、季節を追っかけた「ノッテビアンカ」は、ボクの歳時記になっている。

もともと。

通年マメクルを、花の咲く場所で撮ったことが、

「ノッテビアンカ」につながっている。

今振り返るとそう思う。

 

そして「ノッテビアンカ」を撮ったことが、いまのMAMEHICOにつながっている。

それは疑う余地もない。

宇田川町店でゲーテ先生をやったことが、エトワール★ヨシノになり、

ヨシのが銀座を呼んで、いまがある。

そういう小さな流れがいくつもあって、銀座や神戸、今の大きな流れがある。

そして。

今取り組んでいるこのMAMEHICOも、なにかへの小さな流れなのかも知れない。

先のことはわからないとみんないう。

あした死ぬかも知れないんだし。

どんなに努力したってダメなときはダメなんだし。

先の見えない不安のなか刹那的に生きる自分を、そうやって慰めている。

ボクはそう思わない。

流れというものはある、流れとは水。

気持ちの流れも水のごとし。

お金の流れも水のごとし。

運の流れも水のごとし。

血液の流れも水のごとし。

自分の人生もまた、水のごとし

ボクは水を信じている。

水は、ぱっと消えてしまうなんてことはない。

川が理不尽に終わってしまうなんてこはない。

だから、ボクの流れは突然ぱっと止まってしまうなんてことはないのだ。

もし小さい頃、やりたい気持ちがあって、

けれど親に止められる。

堰き止めた気持ちは必ず強い流れとなって、

堰き止められなくなったとき強く下流へと流れ出す。

人間は水をせき止めることは出来ない。

せき止めた水は必ずあとから、

暴力的に理不尽に、容赦なく当たり前を流してしまう。

まさかこんなことに。

水の力を侮ってはいけない。

ここ十数年、歪んだ生活を送ってはいないか。

なにかを堰き止めてやしないか。

なにもかも、水だとすれば、それは怖ろしい。

季節は変わる。

ボクは流れに沿って生きる、水を信じている。

Archive
カテゴリー

IKA-HICOメンバーになるには月額1,500円かかります。「Youtube IKA-HICOチャンネル」に定期的に投稿していただきます。