救命ボートについて

緊急事態宣言で店が存続できるかという話題が、
マメクルの収録でありました。
そのときのはなしです。

クルミの影山くんは、
「誰一人見捨てることなく助けたい」と言ってました。
誰も置いて行きたくない、置いていくという判断をしたくないんだと。

ボクはそれに対してこう言いました。

「そんなのは無理。
頑張って走る、走りたいってヒトだけ、この荒波を乗り越えて連れていけばいい。
店を残すには、それしか無いでしょ」と。

そして、こうも聞きました。

「もし、もしだよ。
一匹のイワシも犠牲にしたくない、
その結果、イワシという種そのものがなくなってしまうとしたら、
それでもいいの?」

そしたら、

「イワシという種そのものが無くなってしまっても、
それは仕方ない。
ボクは一人も見捨てることはできない」

なるほどね、ヒトというのは違うものだなと、
変に感心しました。

かつて、ボクはなっちゃんと、
似たようなはなしをしたことを思い出しました。
救命ボートの話です。

それはこんな話です。

君の家族がいる。
何かトラブルがあって、向こう岸に行かないと助からない。
そんな窮地に立たされたとき、助けの船が来る。
あぁ助かったと。

ところが。
家族全員は船に乗れないんだと。
5人家族のうち、4人しか向こう岸まで行けないんだと。
そのとき、君はどうする?

そんな様な話です。
なっちゃんは、

「子供たちと夫を船に乗せて、
母であり妻であるワタシが一人残ります」

そう言いました。
ボクはなっちゃんはそう言うと思いました。
それでボクはこう返したんです。

「それは美談に思えるね。
だけど果たしてそうかなー。
それは自分が犠牲になるという奉仕の精神とも言えるけど、
子供を捨てた母親という傷を一生背負うことから、
目をそむけているんではないか。
そういう見方もできはしなかいね」

ボクはそう言いました。
たらればの話ですけどね。

ボクだったら。
ボクはイワシが助かる選択をします。
そして、ボクは船に乗ります。
向こう岸についてからのことを考えてです。

さて皆さんはどうでしょうか。

0 0 votes
記事の評価
Subscribe
Notify of
guest

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

0 タイトル
Inline Feedbacks
View all comments
Archive
カテゴリー

IKA-HICOメンバーになるには月額1,500円かかります。「Youtube IKA-HICOチャンネル」に定期的に投稿していただきます。

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x