第7話-Act.2 配信されました

こんにちは、制作の坂本です。 第7話 Act.2が公開されました〜! 役者が役者らしくなった回ですね。
違和感がなくまとまってる印象を私は受けましたが、いかがでしょう。
見慣れたからかしら、いやいや、
役者のみんなは自分と役柄の間を生きてるんだと思う。

例えば、私はクミとして、ノゾミと馴染んでいます。
ノゾミのワンマンショーに、クミのように呆れ笑ってでも嬉しい感情も抱くし、私自身は噴き出すように単純に笑ってしまう。
「春なのに」「ハローグッバイ」も名曲なのに、なんか笑っちゃう。
「ハローグッバイ」の歌詞は台本にはなくて現場で決まりました。
歌い上げた、柏原ノゾミに拍手!

なんの違和感もなく、つい見てしまうけれど、
舞台裏は本当に必死だったシーンが多いなぁ、と感慨深いです。
サムネイルにもなっている桜のシーンは、
桜が満開で、天気が良かったら撮影するよ!
という前日にロケの有無が決定するものでした。
最少催行スタッフ人員、3名。

ノッテビアンカにしては珍しく
超都心での撮影だったので、慣れない環境に、
撮影スケジュールは押しまくり、
ロケの半ばで、音声スタッフが
申し訳なさそうに、かつ、とても心配そうに、現場を抜けました。
残るスタッフは、井川さんと私のみ。

私「はい、カメラまわりましたー(カメラのボタン押す)」
私「はい、音まわりましたー(録音機のボタン押す)」
私「井川さん、まわってます?え?まわってる??はい!通行人ね!
はい、通りすぎた!こっち大丈夫!うん!伝えて!はい!(もう1台のカメラをまわしている井川さんは、私からは見えない位置にいるので、役者にジェスチャーしてもらう)」
私「はい、お待たせしました! シーン○○、カット○、テイク○(記録表に書く)」
私「ようい、スタート!(キューを出す)」

撮影日のあまりの余裕のなさに、今日改めてじっくりと見て、
こんな良いシーンだったんだなぁって思いました。
編集の腕により、この撮影裏を微塵も感じさせないようなシーンとして成立していて、心の底から安心しました。
公園でのハルエとマイコの長回しのシーンも同日の撮影だったので、
井川さんがジンバルの1カメで長回しで攻めたシーンです。
台詞覚えの良いハルエが、カットを割らずに頑張りました!

肉眼で見るほうが、桜は綺麗ですが、
白い雨のように降っている桜の花びら、私はとても好きです。
過去の情景を重ねてしまうのは、何故だろう。
映像的には、桃のほうが、高さも色も良いんですけどね。

セツオとトシコの喫茶店のシーンは、
地方(電車で片道3時間)の老舗喫茶店をお借りして撮影しました。
広い喫茶店のように撮れていますが、カメラの画角に入らないように、
スタッフがぎゅうぎゅうになっています。笑

セツオとトシコはもう本当に兄弟のように見えますね。
ヨシハル宅での朝食シーンのセツオの食べ方は
セツオ3.0だと噂されましたが、
喫茶店のトシコも、トシコ3.0だなぁ、と感じます。

クランクアップまで、あと1ヶ月を切りました。
今日は打ち上げのことも考えつつ、明日のロケのことも考えていて、
ふとカメラに写り込まないように、肩を寄せ合うこともないんだろうなぁ、と気づきました。

作品を作るって、考えてみれば不思議なものです。
私たちが作っているけれど、私たちの手を離れてしまったら、もうその先は分からない。
誰かの心の隅に留まったり、時代の波にかき消されたり。
私が灰になっても、ノッテビアンカのほうが、
案外残っているかもしれない。うーん。
遠くの誰かに残せたら、それは本当に嬉しいですね。

それでは、また来週〜!

木漏れ日も皐月の風も、すごく心地よい公園ロケ。消え物の小道具はいつでも美味しい。
5 1 vote
記事の評価
Subscribe
Notify of
guest

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2 タイトル
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments
星野美津子
星野美津子
3 months ago

面白そうだなとか、少しでも手伝えたらなとか、今という時に何か一緒にやれたらなという安易な動機で、ドラマに出演することになりました。
ちゃんとしてるし、台本はシリアスだし、でもユーモアや遊び心があるから、これは私は女優ごっこをやろう!と思いました。

やってみると、下手だったり、わかってなかったりで悔しかったり、役と自分の間で葛藤があったり、みんな一生懸命なのに申し訳なかったり、でもやれることを精一杯やるしかないなあと思いました。撮影の時に毎回現場に行けるというのが、何か見えない応援を感じました。

配信が始まると、嬉しい面白いという気持ちと共に、私のことを知らない人がドラマの役を見て私だと思ったり、私を知ってる人がドラマの中の役を私だと思ったりすることへ違和感を覚えたりしました。
後半になると慣れてきたり、役にも変化があったり、やりやすくなってきました。

そんないろいろ内混ぜな思いを経験させてもらったドラマです。
フィールドから創った自給自足ドラマ。
参加させてくれてありがとうございました。

Archive
カテゴリー

IKA-HICOメンバーになるには月額1,500円かかります。「Youtube IKA-HICOチャンネル」に定期的に投稿していただきます。

2
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x