言外の領域

言外の領域

ボクは言葉というものを前から信用していません。

結局、何をやるにしてもそのヒトの人間性なわけでね。

ボクはいろんなヒトと交わりながら物を作るけど、やっぱり言外の領域ってあるなぁと思うんだよね。

ボクらはずっと前からマスクをしていない。強い主張があるわけではなく、特に必要ないでしょと思っている。

だから、これから新しいお店が出来て、新しいヒト達と関わることになるけど、「当日行ったら感染対策が杜撰だった。それなら使わなかったのに」という風に言われても嫌だなと思ったの。

じゃあ、どのように文言として提示できるのかと、スタッフと考えてみたんだよね。
すると、言葉にすると強すぎる、説明すると無粋である、という意見が出た。だから、基本的には曖昧にしておきたい、と。ボクも、説明すればするほど本質からズレていくと思った。

なので、結論としては敢えてそういう文言はHP等に提示しない事にしたんだよね。

昨日、たまたま京都のカレー屋さんに行ってね。カウンターが6席だけのお店だったから狭いなと思ったら、奥の個室に案内してくれた。

メニューを見ると、キーマカレーの一種類で辛口だけ。辛さを聞くと、お兄ちゃんの、説明になってない説明と、笑顔。店内に流れているパンクロック、YMOのポスター。最後にはお兄ちゃんが飴を持ってきてくれた。

そういうことトータルで、いい店だなと思った。言外の領域に刺さるものがいっぱいある。お客さん、店主、働いてるヒトがこの店を愛してる。それが得も言われぬ魅力になっていてね。

そういう店をボクは作りたい。これが言葉でいろいろ説明書きがあったら意味ないわけで、お兄ちゃんの接客全部含めてなんとも言えずに良かった。そういう事が、ありますね。

0 0 votes
記事の評価
Subscribe
Notify of
guest

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

0 タイトル
Inline Feedbacks
View all comments
Archive
カテゴリー

IKA-HICOメンバーになるには月額1,500円かかります。「Youtube IKA-HICOチャンネル」に定期的に投稿していただきます。

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x