自己紹介の大切さ、について

これはうちのスタッフが投稿した自己紹介です。
読んでみてください。
自己紹介はとても大事です。それがよくわかると思います。


おはようございます!
MAMEHICOのサチコです!
いつもお店に立っている、ドジでのろまなスタッフです。

連続ドラマ「ノッテビアンカ」では、同じくドジでのろまなマイコ役を。
面白可笑ひこでは、ピアノを弾いています。
6歳からピアノを始めて、音大のピアノ科卒です。

さて、今日は私のはなしを。
なぜわたしはここにいるのかを考えてみると。。。

わたしの母方の祖父母は、
川崎で中華料理屋を営んでいました。
中華料理屋と言っても、町の食堂のようなお店です。

祖父はお客さんにはいつも大盤振る舞いで、
頼んでもないのに、餃子や胡麻団子を作ってあげてました。

お客さんは、みんな祖父のことを「マスター!マスター!」と呼んでました。

小さい頃祖父母に会いにお店へ遊びにいくと、
私の話し相手は、祖父母ではなくお店のお客さんでした。
親切なおじちゃん、おばちゃん、おねえさん、お兄さんが遊んでくれました。

祖父の人柄が、孫であるわたしにも伝わり、
そして、それがとても誇らしかったのを覚えています。

ランチタイムが終わり、一息つくと祖父は嬉しそうに厨房から出てきて、
私の頭を撫でながら、
「大好物の海老チャーハンをつくろうか」と言ってくれました。

とにかく、ヒトに喜んでもらうことが大好きな祖父でした。
マスターの孫だから、みんなわたしを可愛がってくれたんだよなと思います。

マスターの娘だった母は、
町の中華料理屋の娘であることが嫌で、
サラリーマンの家庭に憧れていたようです。
そして音楽の道に進みました。

だから、わたしも必然的に音楽の道に進まされたわけですが、
わたしは途中で挫折しました。
ピアノの上達が止まってしまったから。
ピアノのことを考えると、体が硬直して、
吐き気とめまいがするようになったんです。

それで紆余曲折ありまして、マメヒコに拾ってもらいました。
両親は心配からかマメヒコにいることを反対したし、
お店はお店で、わたしがほんとにドジすぎて、
いつも穴があったら入りたい、豆腐の角に頭をぶつけて死にたい、
という日々で、役に立っている気もしないのですが。

それでも、ここに来て、めまいと吐き気は収まりました。
体調が劇的に変わってしまったのです。
それは、食べ物が良かったのもそうなんですが、
母の思いだった音楽、祖父の思いだったお店、
わたしのなかにあった大切な二つが奇跡的に融合したので、
ほんとに心から嬉しくて、毎日ほんとに生きてて楽しいと、
思えるからなのです。

マメヒコにいる井川さんを見てると、亡くなった祖父を思い出します。
日々の営業や、イベントで、たくさんのお客さんが集まって、
わたしに声をかけてくれたり、一緒に手伝ってくれたりするお客さんは、
小さい頃、わたしをかわいがってくれたお客さんを思い出すのです。 

「小さい頃感じたものが、そのヒトの人生を決めてしまう」と、
井川さんがいつも言ってますが、ほんとにそう思います。


彼女がなぜ店で働いているのか、そしてこれからどうしていきたいのかが、
この文章から伝わってくる。
祖父と母の思いが融合しているこの場所が好き。
いずれ自分も祖父のように多くのヒトたちを喜ばせたい。

けれど。

自分の力不足で、喜ばせるどころか、足を引っ張ることになっていて、いたたまれない。
いっそ自分なんていなくなったほうが、お役に立つんではないかという、
自己卑下のマインドがもたげてくる。
でもメソメソしてはいけない。その先には地獄が待っているのは経験から知っている。
まためまいと吐き気の日々だ。

ヒトは動機がはっきりした時、とても強い力を発揮できるとボクは思う。
そしてその動機は、「小さい頃感じたもの」が大きい。
みなさんはどうお感じになるでしょうか?

Archive
カテゴリー

IKA-HICOメンバーになるには月額1,500円かかります。「Youtube IKA-HICOチャンネル」に定期的に投稿していただきます。