井川「~について」

井川「~について」

ボクの役割について

カフエ マメヒコは2005年の7月1日、ひょんなことからボクが始めて、以来、お店は増えたり減ったりを繰り返し、 今日まで続いています。  ボクは最初の3年程度は、日夜お店で珈琲を淹れたり、洗い物をしたりしてました。 具体

Read More »
井川「~について」

虚しさについて

知人で医師の彼が、ボクに会いたいと言ってきたので、店で会いました。 いつもとは違った様子でした。そして、こんな風に彼はつぶやいたのです。 「かなり稼いだんだ。うんと。うーんとだ。だけど虚しい。それを誰もわかっちゃくれない

Read More »
井川「~について」

「命の恩人になれる秘伝の技」について

とある御婦人の噂話。 「あの若い子も、こっちの若い子も、みんな井川さんの力になりたいですって、言うのよ。『あなたたち、なんで力になりたいの?』って聞けば、口を揃えて『井川さんには恩がありますから。命の恩人ですから』って。

Read More »
井川「~について」

『小国寡民』について

老子の言葉に『小国寡民』というのがあります。その現代語訳です。 ↓ ↓ ↓ 小さい国で国民が少ない国があるとしようか。 そこでは、便利な道具があっても、国民には使わせない。国民に命を大切にさせ、遠くに移住させないようにす

Read More »
井川「~について」

「儲ける」と「儲かる」について

「東京の家賃の高いところで、たくさんのスタッフを使ってカフェをやってる?へへへ、大変じゃないですか!?どうやったって儲からないでしょう」 そうヒゲを撫でるおじさんが、 ボクにニタニタと話しかけました。 ボクは小さく咳払い

Read More »
井川「~について」

糸島のカフェについて

小さい頃から絵を描くのが好きでした。 親もボクの気質を知ってか幼稚園に入ったら、園の放課後にやっていた子ども絵画教室に、通わせてくれてました。 川口先生と高木先生という、サイモン&ガーファンクルのような、口ひげのおじさん

Read More »
井川「~について」

いかひこ塾、塾生に向けて

いかひこ塾のみなさん。 ちょっとボクの塾に対する思い、そして自己紹介を。 ボクは大学時代アルバイトで家庭教師を始めました。そこから、あっという間に人気教師になって、生徒を集めて「寺子屋」みたいな塾を経営していたんです。

Read More »
井川「~について」

「中くらいのサイズ」について

新年明けまして、おめでとうございます。旧年中はお世話になりました、今年もよろしくお願いします。 さてさて、今年はじめは「中くらいのサイズ」について考えたので、それを少し。年末にとあるサイトで以下のような記事を目にしました

Read More »
井川「~について」

2023年の振り返りについて(2)

福岡に来ています。年明け早々、糸島で新しいカフェを作り始めるんですが、その準備で来てるんです。順調に行けば、梅雨前にはできるかしら。九州など、お近くにお住まいの方はお店ができたら覗きに来てくださいね。 さて。 先週末、作

Read More »
井川「~について」

2023年の振り返りについて

「ワタシは音楽を続けたいのです。だけど自分の生活もある。だから手っ取り早く、お金を稼いで、スキマを縫って、音楽を続けているのです。だけど今の仕事をしていると、きちんと音楽と向き合う時間がない。余裕がない。それがいつも、歯

Read More »